タイトル思案中。

IMG_2712.JPG

片岡自動車工業です。

次回作やら何やらで、アウトプットとインプットを交互に行う日々です。外は灼熱。

タイトル通りですけど、次回作のタイトルを何度も変更しています。青子もずいぶん悩んだけど。全体の構成がざっくり出来て、やっとタイトル付ける時と、いつまでもいつまでも悩み続ける時と。今回はその過程を楽しんでる状態でもあったり。

「お母さんがゾーマ!」
「ダム部のアイちゃん」
「儂が燃えて死ぬまでの噺」

みたいなのは、構想が決まったら不動のタイトルでした。まぁ、なんていうか、タイトル自体にオチみたいな要素が強かったりするものはしょうがない。

「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」
「スーパーソニックジェットガール」
「コウチャノアリカガワカラナイ」

あたりは、結構悩んだ末みたいな。全部カタカナだな。なんでだ。悩んだからカタカナみたいになっちまってる。

プレゼンするわけでもなく、1人で悶々と。いいタイトルになりますように。

先日、所用で東京に行っておりました。ぼちぼちと。で、会いたい人で、会える人に会えて、他愛もない話で盛り上がったり、助言を頂いたり。助言をくれる存在は大切です。

片岡自動車工業の公演は片岡百萬両が満足したらそれが正解。

と言われたこともあり、それが頭の中でぐるぐるリフレインしたり。そうなのか?
まぁ演出は自分だし、それはある意味合ってるっちゃー合ってるけど、見えてない景色を見たくてやってる時は、想像をこえるなにかが現場で起こって欲しい。と書くと他力本願にも感じられるけど、集団戦だしそういう部分も大いにあるので、半分正解かな。

ともあれ次回作では、作品のアウトプットにおいて、超頼りになる強力スタッフさんたちが勢揃いしてくれます。

楽しみだ。

この夏、長年先延ばしになっていた問題に取り組めている。

焦らずしっかり向き合っていきたい。

最近は、色んな方とお茶やらお話をしてまいってます。公演のお礼や、今後の話なんかも含めて。誰といつ呑んだとか喋ったとかは、あんまり書いたり写真にしたりするのは控えてます。

ここのブログでも色々発表じゃなんじゃ、していければ、と思います。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする