オファーーーーッ!

IMG_3002.JPG

片岡自動車工業の次回公演の出演オファーをしておりまして。ええ。次回作に向けて、むちゃむちゃ動いております。

なかなか見れないすごい座組になりそうで、楽しみです。今年の青島青子では、森口ちゃんや大江さんだったり、旗揚げ公演では谷野まりえちゃんや河上さん、よねまりだったり、毎回、個人的にフレッシュな方にお声をかけさせてもらってます。

昨日はこれまた、はじめましての方(その方が活躍されている舞台は何度も拝見している)と直接お会いして公演企画書を渡してオファーさせてもらいました。お互い人見知りだったので、すごい静かでした。

片岡自動車工業とは、まだまだ二回しか公演が打ててないので何の実績もないんだけども、よく集まってくれたもので日々感謝です。

青島青子のDVDチェックをしながら、次回作の布陣やプロットを練り練りしたり、一人芝居の音編集や諸々作業を前倒しで行なっている。

おかげで今月はなかなかしっかり埋まってきた。ありがたや。

一人芝居はまたもランタイム33分。読みでは27分だったのにっ!
まりえちゃんはほぼ半分は台詞は入れてきていて前半の立ち稽古が白熱しました。外側っていうか、おおまかな動きは今週にはしっかり着ききりそうなので、あとは熟練あるのみ。やればやるほど解釈も増えるし、そこから足し算、引き算をどれだけ出来るか、とか、気持ちの整理がどれだけ着くか、とか、やりだすとキリがありませんしね。どこまでもどこまでも面白くしたい。新作は、初日にやっと産声をあげるんですが、それまでは盲目的に信じて作ろう。

例えば、吉田君や、川端、真壁は、かつて一緒に一人芝居を作った者同士で、彼や彼女らにも、夢中になりながら作った。作る形式は時々によって変わって来るんだけど、これまでにない作風なせいもあり、手探り感はあちこちに。まあ、そこが楽しいんだけどね。

尖って作った作品が、尖った印象になるとも限らない。一点突破型の「何億年先でも」は、今後の自分の作風を占う大事な演目になりそうです。

そして昨日は名月でした。僕は4、50分歩きながら見上げてました。空が高くなってきたな。夜なんか寒いくらいだもの。

夢中になる。
って言うのはとても大事な事。
ムキになる。
って言うのもとてもとても。

もしも自分が、病気や怪我もなくしっかり年老いる事が出来て万が一長生きしたとして、じじいになっても何かに夢中でありつづけたいなぁ。としみじみおもうんです。

くよくよしたり、げんなりしたり、憤ったり、嫌な事はいっぱいあるし、そんな時に限って、そこばっかり見ちゃったりするもんですけど、ちゃんと笑えたり、踊れたり、よく見れば楽しさもいっぱい転がってるわけで、ちゃんと拾い上げて行きたいっすね。

家族とよく話すようになりました。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする