公演記録vol.1「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」

公演記録 vol.1
ゼクシーナンシーモーニングララバイ

2016年6月19日~22日
at in→dependent theatere 2nd

片岡自動車工業

脚本と演出

  • 片岡百萬両

出演

  • 加藤智之(DanieLonely)
  • 米山真理(彗星マジック)
  • 河上由佳(満月動物園)
  • 上原日呂(月曜劇団)
  • 中元優那
  • 南雲飛鳥(劇団往来)
  • 谷野まりえ(PEOPLEPURPLE)
  • 吉田青弘
  • 丹下真寿美
  • 平田真希
  • 川端優紀
  • 鈴木洋平
  • 宮川サキ(sunday)
  • すずきまいこ(宇宙ビール)
  • 相内唯史(CriticalCreation)
  • 安藤光輝
  • 安藤心愛
  • 片岡百萬両

ヴァイオリン

  • 谷内亮太

舞台写真

登場人物

  • 真一の幼馴染・中山静香(就学期)/南雲飛鳥
  • 真一の幼馴染・中山静香(思春期)/谷野まりえ
  • 真一の幼馴染・中山静香(新婚期)/米山真理
  • 真一の幼馴染・中山静香(晩婚期)/丹下真寿美
  • 真一の幼馴染・中山静香(往年期)/宮川サキ
  • 静香の幼馴染・白沢真一/加藤智之
  • 土産フェチ・静香の母/河上由佳
  • ヴァイオリニスト・静香の父/谷内亮太
  • 猫背の開業医・医者/鈴木洋平
  • 中華料理屋の息子・秋田海聖/上原日呂
  • キャバ嬢・廣田倫代/中元優那
  • ラーメン大好き・吉田弘/吉田青弘
  • 静香達の住む町の教会の神父/相内唯史
  • 卑劣な教師・担任の先生/丹下真寿美
  • 開業医の一人息子・藪/鈴木洋平
  • 倫代の若かりし頃・梅松/中元優那
  • 吉田が気になる・竹松/平田真希
  • 狂いがち・松松/片岡百萬両
  • 寝起き・マクドナルドの店員/中元優那
  • 寝不足・白バイの警察官(声)/鈴木洋平
  • レディースチーム烈怒帝流のリーダー・ヘッド/川端優紀
  • 献身的な女医さん・女医/丹下真寿美
  • 生徒たち/丹下川端中元平田吉田片岡鈴木
  • 本名は湊川仁・許嫁/吉田青弘(?)
  • 中山静香(幼少期)/安藤心愛(子役)
  • 白沢真一(幼少期)/安藤光輝(子役)

あらすじ

愛を信じる一途な女と、
恋に溺れる愚かな男の、

すれ違いまくり
生涯青春ラブストーリー

全米が涙しそうな勢いの
感動作品が

2016年6月、
インディペンデントシアター2ndにて
豪華キャストと共に堂々上演

スタッフ

舞台監督:今井康平(CQ)
舞台美術:西本卓也(Giant Grammy)
照明:海老澤美幸
音響:須川忠俊(ALTERNAIT)
衣装:植田昇明(kasane)
ヘアメイク:KOMAKI(kasane)
写真撮影:堀川高志(kutowans stadio)
映像撮影:武信貴行(観劇三昧/SP水曜劇場)
映像:相内唯史(at will)
イラスト:金子万次(小判侍)
ゼ字:貝阿弥隆之
宣伝美術:片岡百萬両
小道具:老倉仙人(暖玉紳士)
制作協力:三坂恵美(観劇三昧)
ケータリング:秋津食堂
協力:in→dependent theatre 演劇制作会社ライトアイ マジ片岡自動車工業

公演終了

フライヤーデザイン

片岡自動車工業

片岡自動車工業

片岡自動車工業

片岡自動車工業

PV

もっと見る!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする