傷つけるのが目的。

傷つけるのが目的。

どうも! おれです。
おれは今日も日記を書くよ!

なんだかぼんやりした記事になりそうだけども。今ぼんやりしてるから。

人は、たいていの人は、他人を傷つけたくないよね。
でもたまに傷つけるのが目的みたいな人もいるよね。
でも、あれは結局、受け手の理解が追いついてないだけで、
憎み続けでもしてなきゃ、まともに立ってられないのかもしれないね。
その根本が、情にせよ、愛にせよ、なんにせよ。
つまり恨まれでもした日には、
めいいっぱい恨まれ続ける事だけが、
なにより、恨んでいる人の役に立てる唯一の方法なのかもしれないね。
だからもしそうだとしたら、
胸を張って悪者で居続けてやろうと思うんだ。
誤解を解く努力もして、
他にもいろんな手を尽くしてなお、
やっぱりそれでも恨まれるんだったら、
もう、恨まれ役でいる他、ないもんね。
だからどうなんだって話だけど、
妬みは良くないね。
短所を探ったりするのは良くないね。
短所を探らずにいられない人もちょいちょいみかけるけど、
やっぱり同じ事なんだね。

いろいろ勉強になるね。