次の呼吸。

次の呼吸。

こんばんわ。片岡自動車工業です。
必要そうな事ばかり書いて記しても、あとになってあれなんだっけって絶対になるので、今必要とは思えないささやかな事も、記して次回作の種にしたいと思いつつ、コンカリーニョでの「突貫!拙者の一夜城」を思い出してみたりします。

なんだもう写真横だしグダグダだ。

2ステージで。打ち上げでコンカリーニョPが最高動員と仰ってくれていて、満席の状態で観てもらえるなんて、どれだけ僥倖な事なのか。大阪での公演では逆にたくさん観に来て欲しいという強い思いも芽生えたりします。

小屋が変われば芝居も変わるし、演者のコンディションにももちろん左右されるのが一人芝居で、その頼りなさと言うか不安定感を、補正すべきかその振り幅を楽しむかって言うのは、大事な判断だったりしました。その昔「恋心」という15分の演目であちこちで上演させてもらったときには、現地現地で色々試行錯誤したし、まぁその時は自分が結構出てたりもしたので、こっちだぜ。みたいなガイドラインは引けたんだけども。なにしろ一人芝居なので開演したらもう演出に出来る事なんて祈る以外になにもありません。

INDEPENDENTの2ndシーズンだったか。花田綾衣子さんと「コウチャノアリカガワカラナイ」という演目にチャレンジした時のヒリヒリ感を思い出したりもした。彼女はしっかりしていたし、総合的にみて、何故か女性と一人芝居に挑む事が多かったんですが、拙者は男だし。開演してからの花田さんの潔さには胸を打たれたな。

で、今回、吉田くんとまた一人芝居を打つチャンスを頂いて、もちろんチャレンジャーであり続けたのですが、なんていうか、危なげな感じはやっぱりあって肝も冷えました。ただ見てるだけってのも若干違うし、あれこれ細かくってのも違うし、セコンドみたいな気分で、演者主導でありつつ、サポートになりきらない絶妙な場所にいようみたいなコンセプト。まぁ、ますます演出と言うポジションがわからなくなってきた次第であります。

ところで札幌の他の演出の皆さんの様子も見て、「ああ、こりゃいいタッグだな」っていうのばっかりで、我々には我々のスタイルがあるしすこぶるマイペースであり続けましたけど、吉田君は千秋楽が終わるまでの緊張感と、終わってからの緩み具合の幅が凄い。思えばいつもそうだった。僕もそうなのかもしれない。とにかくホッとする瞬間はあんまりなかった。

ほんで次の呼吸をはじめるんですが、北海道の澄んだ夜空を見上げながら次の事へしっかり進もうと考えを巡らせるのです。やっぱいいもの作りたいし。まだまだこれからも片岡自動車工業は頑張ります。

色んな事を悪巧みする期間。
今日は渾身のイラストを書きました。なんらかの形で近いうちにお披露目かもしれないし、お蔵入りかもしれません。そもそも自分はなんだってイラストなんて書きはじめたのかとかも思い出そうとしたけどきりがないのでやめました。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする