頑張るは最高の誉め言葉。

頑張るは最高の誉め言葉。

どうもこんばんわ。突劇金魚終わりの山田君合流いたしました。片岡自動車工業です。

今日も朝からダンスリハ。夜は役者稽古。
ダンスリハは全体についた難所のテコ入れ。ちぃこと斉藤千秋が頼もしい。ヘアメイクのKOMAKIも来てくれたので本番ヘアメイクの事のレクチャーあれこれ。あっという間に3時間が過ぎ去った。

台本の大きな改訂を済ませて夜の稽古へ。
今日は一瀬さんがお休みだったので、中心は男性→南雲飛鳥ちゃんを軸に当たれるところを丁寧に返して行く。

出来るまで何度でも繰り返す。はあんまりやらなくて、出来なくても持ち帰ってなんとかしてきてもらう。昔に比べたらそこそこに的確なコメントが出来るようになってきたのかもしれない。

頑張るはみんな当たり前のようにやってくれていて。でもただ頑張るってだけの漠然とした目標ではどうにもならない壁がある。今まではそう言う時に、やっぱりピリピリしたり、出来るようになるまで何度も繰り返したりしてきたんだけど、ちょっとだけユーモアを入れてみる。するとそこに、よくわからないけどなんかやってる。が生まれて、なんか面白いかも、になって、こんな事になるなんて!みたいな事になったりもする。自分で言うのもあれですが、脚本が拙い部分は、工夫や試行錯誤で切り抜ける。

真面目と真剣って似てるようで全然違うじゃないですか。

笑顔が絶えない稽古場もウェルカムなんだけど、楽しいってのと緩いってのは案外紙一重だったりするもので。どこまでもどこまでも真面目になれない僕は、真剣に取り組む事はずっとしている。どうしたって真面目に頑張っても、苦しい時もあるから、そんな時こそ不真面目に取り組んでみる。不真面目だけど真剣。真剣が滑稽さを産んでドラマが転がったりする。こんな事ばっかり考えてるから怒られるんだけど。真剣にバカやってる姿こそ演劇でしょ。

台詞に振り回される間はなかなかどうして。真面目になってしまいがち。ここからじっくりたっぷり、興味深いシーンだらけにしていきたい。やってる事は昔と変わらなくても、アプローチはしっかり変わっている。そんな風にして根底から演劇と向き合っています。

なんだぁぼんやりした記事ですけど、理屈なんかどうでもいいから面白くしようのコーナーが始まろうとしています。今は種を蒔く時期。芽吹くのはまだ先でも、今のやりとりは、しっかり舞台に乗せて楽しい時間としてお届け出来るように、僕もふざけてまいります。

【本日のハイライト】
袋小路林檎さんが稽古場にいるだけで空気が変わる。あの人は、楽しいを伝染させる人だ。そんな林檎さんが役に全霊を注いでる時のまわりの「え、もう台本離すの?」という楽しいだけでなく緊張感もしっかり与えてくれるペースメイカー。今日もお見事!

あれ、疲れてるのかな。真面目に書いちゃった。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする