雨上がりの稽古。

雨上がりの稽古。

今日も稽古でした。どうも片岡自動車工業です。
一瀬さんが「ばぐといっしょ」の企画の為お休み。彼女がいないシーンを中心に当たって行く。大活躍のサポートチーム、飯伏さん【いぶちゃん】と夢祈くん。僕は稽古を進める事で頭がいっぱいなので、彼女たちが何かを学んで持ち帰れるかって事はあんまり考えてあげれてなくて、劇作の現場そのものを知ってもらう事がなによりの収穫になればいいなと思ってます。

画像はデンプシーロール。
稽古は終盤の段取りに差し掛かり、ハートフルなシーンから一番厄介なシーンに着手した。
台本片手に、あっちだこっちだ言うてます。わりと大事にしてるのは「キッカケ」でこれを気持ちよく取れるタイミングかどうかは、立って喋ってみないとわからない事も多い。進みながら改訂を行って行く。大丈夫か。メモの時間全然とってないけど。

森口ちゃんや米山さんは段取りに耐性がかなりあって、わりと激しい注文にもズンズンついてきてくれる。そこはそれ、一緒に劇団やってた中元氏、真壁氏、川端氏も同様かもしんないけど。さっき書いた一番厄介なシーンは体力的にもきついし、場面的にも全力でいかなきゃいけないし、かなりの熟練度が必要になってくる。後で地獄のような稽古が必要になるだろうけど、その労力がチームワークに繋がって、見応えになる。そんな理由から、本来とは真逆の立ち位置指定のシーンにしてたりするんだけど。成功するときっと見応え抜群だ。

画像はヒットマンスタイルが崩れた瞬間。
無酸素運動のような稽古は明日まで。明日の後半からは有酸素運動へと移行するのです。そんな事を言っているうちに正安寺氏が現れて振付がやってくる。時間にすれば数秒に何日もかけて考えてくれている。全く!楽しみだ。

【本日のハイライト】
女優陣のパフォーマンスに吉田君の打楽器を組み込んでみたら、あまりに音が大き過ぎたため曲が聴こえず、清水かおりさんが「うるさいねん!」と怒鳴って目を丸くした吉田君でした。

チケット、わりとマジでしっかり発売中。

コチラからお気軽にぃ!

明日も稽古だ。

台本のカット作業でもしよう。