稽古しまして④。

稽古しまして④。

こんばんわ。今日も稽古でした。片岡自動車工業マンです。
今日はなんと、女優が全員集合!どころか、男優も山田くん以外は集合しました。すごい事です。もちろん本番は揃うんだけど(当たり前)。

「ユニットまいあがれ」の本番翌日の米山さんも合流してくれて、しどろもどろのご様子。本日はオープニングから雑に当たっていたところのおさらい。空白を埋めるように頭のほうから。河上さんに無理な負荷をかけている。河上さんの今回の飛び道具加減は、問題になるくらい破壊的だ。川端さんもたじたじです。まぁ僕自身が飛び道具みたいな感じだった事もしっかりあって、どうやったって真面目なシーン作りが出来ない性分のせいで、意味不明なオーダーをしてしまう。

でもぶっちゃけた話、シナリオどうこうって言うより「面白い」シーンがただ連続しているだけで作品が出来上がるならそれはそれでありだと思っています。そういうフォーマットの作品は最近ついぞ見かけなくなっちゃったけど。昔、深夜TVでやっていた笑殺軍団リリパットアーミーさんの「桃天紅 烈風乃拳」を観た時の衝撃ったらなかった。「演劇すごい!」ってなったもんなぁ。中島らもさんが尼崎の方で、親近感が湧いたり、真似したくなってみたり。そうか、今は理屈抜きで楽しめる突き抜けたバカみたいな作品、わざわざ劇場おさえてやってる人がいないかもしんないなぁ、と思いながら今日の稽古を演出席から眺めていました。

本日のハイライトはなんといっても、演出をつけたせいで南雲飛鳥ちゃん演じるエンジェルの動きが前衛的になってしまった事。たぶんあのまま舞台でお披露目してもらいたいので、観てもらえれば「ああ、ここか」となると思います。

出演者のみんなは色々考えて来てくれていて演技での提案が半端ない。さすが熟練者だ。物陰で顔面をひきつらせている中元さんも垣間見た。きっとあれは危機感を覚えているんだ。支え合うのも大事だけど、他にゼッタイ負けたくないってな反骨精神も、やっぱ必要だったりする。

明後日はチケット発売日だ。

今日は稽古終わりにSNSをひらいてみたら、変態と変態が喧嘩していた。
集客目的の炎上パフォーマンスかもしれないけど、関わるのはよそうと思ひました。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする