結局精神論。

結局精神論。

こんばんわ片岡自動車工業マンです。

先日は舞台美術の打ち合わせで西本さんと。観劇終わりで都合をつけてくれた西本さんは旗揚げ公演「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」の美術を担当していただいて、今回もやってもらいます。新作目掛けて、練り続けてる世界観やシナリオを説明。怒濤の勢いでメモを取る西本さん。プランが稽古始まりまでに一度見れる算段。準備は早いに越した事はないし、準備のし過ぎって事なんてないからなぁ。

準備不足のせいで昇華しきっていない作品を見ると関わっていなくても悔しくてしょうがなくなる。劇団時代もそう言う事わりとあったしなぁ。クリエイティブな分野でも追求はしたいけど、色んな作品の再演に出演させてもらったり、自分自身も再演をしたりすると、予めイメージがあるのとそうでないのとでは、大きな差がある。評価されてるんだから再演するんだから、その時点ですでにある程度の面白さは保証されてるといっても良いんだけど、あれれ、最近再演のはずなのになんでこんなに完成度低いの!?ってものばっかり見てしまって、良くも悪くも身が引き締まる思いだ。

新作を打つにあたって。
チャレンジスピリッツは忘れちゃいけないんだけど、見やすさとか表現の伝導率で手は抜きたくない。新しい事もしたいけど、乱暴な事はしたくない。みたいな、今回も色んな表現方法を、僕の作品によっこいしょ!ってして、お届けしたい。そして一人でも多くの方に観て頂きたいわけでして。

そんな中で、まだ稽古も始まってないけれども、色んなトラブルがすでに起こっていて、やべぇ、こんなものあと一月でも遅く起こってたら怒髪天を突く状態になりそうなんだけど、まぁまだ余裕があって良かったよ。

いい舞台作品はたくさん打ち出されるべきだけど、自分がステージやるんだって思ったら、その時点で、観に来て頂くお客さんの人生のうちの数時間と、出演者の人生の一月以上は、自分が拘束してるんだって戒めにも似た気持ちで、見て良かった、関われて良かった的な、わりと明確な目標があって、他はそうじゃないかもしれないけど、自分はそうでありたい。いつまでできるかわかんないけど、たぶん、それが一人ユニットを立ち上げた理由の一つだ。

例えば、今回も出演していただく満月動物園の河上さんにしたって、僕なんかがわざわざお声かけしなくたって、うちの稽古してる時間を使えば、河上さん主演で、満月動物園の公演が一本出来る可能性をね、うっちゃってるわけですよね。そりゃ満月動物園では見れない河上さんに立っててもらいたいじゃないですか。そして観てくれたお客さんの一人でも、河上さんの魅力に惹かれて、満月動物園の公演を観に劇場に足を運んでもらいたいじゃないですか。

マネージャーもプロデューサーもいないからって卑屈になるんじゃなくて、「この芝居はゼッタイおもしろいから観に来て下さいよ」って月並みな言葉を並べるんじゃなくて、まぁそれはそれでするとして、もっとこう「なんでやってんのよ」って聞かれても、胸張って蹴散らして行くくらいの雰囲気ですよ。

全部精神論ですけどね。
悪くないんじゃないですか。精神論も。そこらへんの屁理屈よりも好きです精神論。とにもかくにも人事を尽くします!

あ、また書きます。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする