ドア。

ドア。

こんにちわ。新作「名探偵青島青子 -劇場版-」まっしぐら準備中の片岡自動車工業マンです。もちろん鋭利執筆中。間もなく官本。今週中には目処が立つと嬉しい。

こんな僕でも、どうしていいかよく分からない事が多くて、きっとこれから先もずっとそうなんだろうけど、歳を取るたびに見える景色が変わっていく中で、やっぱ後悔したくない事もあったりするんですよね。

劇団時代、初演の「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」にはなくて、片岡自動車工業での公演としてもう一度した時に加筆した台詞の中に。

「やっぱなんぼ当たり前に思う事でも口に出して言わなあきませんね」

なんて言う言葉がありましてですね。
一人でやってなかったら出てこなかった言葉だったかもしれないなぁと振り返りつつ。

というのも執筆の時はいつでも、その時思っている事をわりと挿入する癖がある僕なので、今回も思いの丈をぶつけている次第で、まぁ記事にでも残しておこうかと思いまして、こうやって書いてます。

会話っていうのは相手がいて初めて成立するけど、舞台作品ってわりと「心の声」とか「モノローグ」とかで語り続けれたりする。今まではそういうものから、なるべく遠いところで書いてきましたが、今回は切り口を若干変えてみていて、まさに新境地だ。

行動するかどうか決める時は、告白以上の勇気がいる。

ただ、もうあれこれ悩むのはもうやめにした的なやつです。