観劇とご挨拶と作業。

観劇とご挨拶と作業。

「名探偵青島青子 -劇場版-」の事に集中。日進月歩です。どうも片岡自動車工業マンです。コーヒー片手にパチパチパチパチ。やる事はまだまだある。気力との戦いでもある。

ラテアートもついにここまできたか。

今回初めましてのダンサーさんとお会いして色々説明する。説明は苦手なのかもしれない。そんな事いっちゃおれんのだけど。とにかく引き受けてくれたダンサーさんたちの心意気にしっかりと応えるよう気も引き締まります。劇団時代から世話になっている中元女子にもガツガツ手伝ってもらう。ありがたい。

フライヤーデザインの進行。なかなか手応えあるんだけど、どうかなぁ。

と、今回主演を務めてくれる一瀬尚代さん、そして前回ヒロイン(の一時代)を務めてくれた丹下真寿美さんの出演している芸術創造館のアクアクを観劇。観劇前、挟み込まれているチラシの束を見て、色々参考にしたり頭グルグルする。

僕は演劇評論家でもないので、作品自体への評価みたいなものはあまりしないけど、盛り上がっているようで何よりでした。そりゃそうだ劇場プロデュースだもんね。盛り上がんなきゃ。ともあれ二郎松田さんの台本を初めて拝見。泉氏の演出もガッツリ拝見するのも初めてに近い。こう言う形態の作品は、作家も演出もゲスト的なポジションで、役者ももちろん、各々の役割をうまく機能させるには、プロデューサーの力で左右されたりもするんだけども。

色んなジャンルの感性を持った俳優が一同に介するこういう公演では、演出の苦労もひとしお。もちろん力のある俳優は自力でなんとでもしてくれるけど、全体のバランスを取ったりスタッフワークと向き合ったり、脚本の意図を汲み取ったりと、なんか見てるだけで泉氏が如何なる苦労を経て上演まで持って来たのか、みたいな演出目線で見てしまったせいで、作品をニュートラルに見れなかったかもしれない。

稽古不足なのかなんなのかわかんないけど、劇中、随分と台詞を噛み倒していた俳優がいて「調子悪いのかな」とか心配しながら見てたら、カーテンコールで急に誰よりも胸張ってキラキラして、なんだったら他の出演者に茶々入れのコメントもしたりもしていて、それを観た瞬間「あ、これさぶくてアカンやつや」と、作品の面白さについての感想みたいなものがスッとひっこんでしまった。たった一瞬でも、せっかくみんなで積み上げて来たものが崩れ落ちたりもするんだなぁ、と自分の身に置き換えて気をつけようと思った。

観れて良かったです。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする