稽古27日目【最終通し】。

稽古27日目【最終通し】。

稽古場でのラストランにふさわしいパワーとドラマに満ち溢れた最終通し稽古でした。自分が仕掛け人なんだけども泣きそうになりました。

自分が作る作品は年々グッとくるものへの比重が多い作品へとシフトいっているので、「スーパーソニックジェット赤子」のような、もはやタイトルから意味不明なぶっ飛んだ作風の芝居は珍しい部類なんですけど、やっぱり良い!

シンプルに出演者が漲ってて、派手で、なんかようわからん話やけど、(いや、わからん事もないけど)すげぇしびれるアホみたいな作品はやっぱ演劇だぜって感じがします!

誰も不幸にならないような作品です!

本編中ではなんだかんだ言ってジャッキーは死なないってことがわかってるのに「負けないで!」と応援してしまうジャッキーチェンの映画のような作品です!これもしっかりとした舞台芸術だって事をドラマシティで思いっきりやります。

でも全国各地から集まっていただいた出演者の皆さんが本当に物語に寄り添ってくれていて、打ち合わせに余念がありません。通しの直前まで立ち位置の整理を行ってくれていました。「みんな楽しもう!締めるところは締めよう」とアナウンスして始まった最終通しは、始まる前は静かだったけど、いざ始まってみると物凄い集中力で走り始めました。バカばかしいシーンほど高い集中力を以て臨まないとただふざけているだけに成りかねないんですけど、今回の出演者の皆さんはそう言うテンションが切れるようなことがなくて本当に素晴らしいと思います。

劇場に入るまでに5回の通し。明日調整をする稽古を残していて、おおよその準備がほとんど整っている段階までちゃんと来られた。自分一人じゃどうやっても無理だったし、チームサポートのみんなが本当に頑張ってくれたおかげですが、舞台監督の今井さんが懸念していた劇場で時間を削られる案件もクリアに出来て、本当に感謝です。

明後日から劇場入りです。

長らく続いたここの日誌形式の連続投稿もあと3回で終わり。

赤星さんから本編で登場する映像の数々が届いた。一回だけでは観たりないレベルの完成度とポップさに涙がでちゃう。劇場では大画面でお楽しみいただけます!

お待ちしております。写真は「スーパーソニックジェット赤子」を象徴するかのような一枚。

区切り線

スーパーソニックジェット赤子
片岡自動車工業

シェアする