FMあまがさきさんに出演してきました。

FMあまがさきさんに出演してきました。

こんばんわ。どうしても日記の更新がこんな時間になってしまう!

今日は林檎さん、丹下ちゃん、真壁ちゃんとぼくとでFMあまがさきさんの「コーデbox!」という名のラジオ番組に生出演してまいりました。地元である尼崎のラジオ局に応援していただき本当に身が引き締まる思い。

パーソナリティーの牧野さんのとても優しくて奇策なトークと、そんなにリサーチしてくれてるの!?と思わされる情報収集で、なんでも話せる空気を作ってくれました。無茶無茶ありがたい!それに忘れてはならないのは林檎さんも丹下ちゃんも真壁ちゃんもゲストであるということ。個人ユニットなんだけど女優の皆さんに協力してもらって本当に嬉しかった。

収録後、四人でお茶をしまして。
「スーパーソニックジェット赤子」の企画が始まる第一陣であり、ここのメンバーが揃わねば公演におけるキャスティングは進まなかった。核の部分の四人。情報宣伝が始まって稽古がスタートして、もう小屋入りの足音が聞こえて来るこのタイミングで、作品について改めて話した。

当たり前に思っていることも言いづらいことも何もかもを話した。他のみんなも同じような感じだった。自分はこの作品を目標であり夢であるとしているけれど、それと同時に通過点でもあるのです。

「スーパーソニックジェット赤子」はタイトルからは全く想像がつかない内容のお話ですが、僕が思う演劇の面白さが完全濃縮されています。これが面白くないと大衆に定義されるのなら、自分の劇作のスタンスは時代のニーズに合っていないんだと思う。けれども自分は信じている。この作品を観た人たちが演劇っていいなって思ってくれる事を。全員じゃないにしても。

面白いやん!
女優さん素敵やん!
頑張るってめっちゃすごい事やん!
すごい人たくさんいてるやん!
目の前でここまでしてくれるん!
自分も頑張ろう!
元気になれた!

たくさん思ってもらえると信じています。それが実現できる素晴らしい座組だと思うし、出演者だけでなくサポートのみんなもめちゃめちゃ頑張ってくれている!

仕事を早退してでも観にきて欲しい。大事な人を誘って見にきて欲しい。例えばなんらかの理由でこれから警察に出頭するという人も、一度見てから出頭して欲しい。それくらい観て欲しい。

稽古場の熱量はもう冬を吹き飛ばす勢い。今日はなんと昨日千秋楽を終えたばかりの有元さんが「遅れを取り戻したい」という理由から自主練を申し出てくれた。ウェルカム!頭からラストまで個人的にお伝えをした。真壁ちゃんは立派だ。

夕方、空き時間に訪れた尼崎城は燦然と輝いていた。外は風が強くて、つむじ風が、公園で遊ぶ子供たちもそれを見守るお母さんたちも僕らも等しく巻き上げた。

明日からいよいよシフトをもう一段階上げての稽古が始まる。まだまだまだまだ、たった一回のためにどこまでもどこまでも面白くする事について夢中でいたい。チャンスの神様は前髪しかないんだから。掴んでいく。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする