稽古13日目。

稽古13日目。

こんばんわ。日刊片岡自動車工業BLOGです。稽古13日目終了。

なんと恐るべき事に全体稽古のうち半分の日数が終了。厳密にコマ数で言えばもうちょっと違うけど稽古スタートからここまで形に専念してきた。輪郭部分はかなりクッキリしてきて、後は内容をどこまで上げられるか、という事とチーム力の向上と、課題はまだまだある。楽しんで邁進したい。

ダンサーズのMIHO、みゆはん、瑞葉ちゃんが来てくれて、これはもう自主的に「役者と合わせておきたい」という流れだったのだけど、合わせなくちゃならないシーンをだいたい当たれた。着替えを簡略化しておかねばこの出番はクリアできないし、ダンサーズの登場シーンはかなりボリュームがある。踊る部分も踊らない部分も、もうこれはコラボというより完全なる共演で役者とダンサーの境界線が無くなってきている。特に今日お願いしたシーンはとても抽象的で、なぜそうなのかはもう考えずに舞台に挑んでもらうシーンだったりする。

「スーパーソニックジェット赤子」はベタの積み重ねであり、J-POP演劇というか、なんというか、歌がないミュージカルというか、とにかくかなり音楽に依存して作られた音楽劇だなぁとも思う。だから形までは怒涛のように詰め込んだとしても、内容や感情や、疾走感は役者が出していくしかない。長年劇作を続けてきているけど、大劇場にはもってこいの壮大な茶番劇だ。

写真は期間限定の雪印コーヒー極甘〜俺たちを甘やかしてくれる雪印コーヒー〜。元々甘ったるいからどう甘くなったのかあまりわからない。

今日でサポートメンバーが全員顔を出してくれた事になる。
川嶋芙優こと、ういたんが来てくれました。彼女は初めての稽古場で見た光景を「面白い」とシンプルに感想を述べてくれました。それが一番の狙いであり、「面白い」の畳み掛けと演劇が内包する物語性と俳優力、ダンサー力で、「凄い」というところまで持っていきたい。

具体的に何をどうすれば良いのか、現時点ではっきりとした答えはないけれど、出演者たちが導いてくれるんじゃないか、とも思うし、客席に座られる皆さんと共に作る唯一無二の演目にしたい。

創作においては、本番直前に台本が上がってなかったり、自分の出番が把握できてなかったりという事で稽古に支障が出る状況を嫌い、片岡自動車工業を始めてから肝に銘じていることの一つ、「顔合わせには脱稿している」状態を続けていて良かった。じゃないとダンスシーンとのチェイスなんて出来ないしなぁ。えーびーがたにしてもTEAM54さんにしてもみのるさんのIDentityにしても今年は顔合わせから脱稿している現場が続いた。習うべき現場や先輩はたくさんいる。甘いところもたくさん見かける。

【本日のハイライト】

稽古休憩の合間を縫い質問やディスカッションを試みるあわさんの姿。なんか憧れの先輩に出演してもらえる多幸感と、何より真摯に劇作と向き合ってくださるその姿勢がビンビンに伝わり、どんなシーンでもすでに立体化されて始めているところだ。すごいことを当たり前のようにすすっとこなされる。

あわさんだけでなくもう一点。北海道から帰り、今週本番の有元さんが完全に「スーパーソニックジェット赤子」のモードで稽古に来られた事。きっと目の前の一人芝居の事で頭がいっぱいなはずなのに、まさに演劇を貪っていた。あの姿は背筋が伸びる思いだ。

当社比ですが、過去最高水準の完成度になる事間違いなし!

小道具もバリバリ進んでいます!なんとありがたいことか!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする