稽古10日目。

稽古10日目。

「スーパーソニックジェット赤子」稽古10日目。
七味ちゃんと玲ちゃんが初共演で初めましてのご挨拶。

稽古に関してはまずはもう自分の想像のペースまで持っていかねば面白いと思っているところに手がかからないので遠慮はなしでのスタンスだけども、説明はきっちりしなくては。

今日のハイライトは【おばあさんの姿勢について】の話題で持ちきり。
登場キャラのほとんどがお年寄りという鋭いシーンがあるんだけども、みんなで演じるんですね。多種多様のお年寄りがいるんだけども、揃えなくちゃいけないところは揃えなくちゃいけないし、とか言いつつも整列してればいいってなもんでもないので、3行ほどの台詞を行ったり来たり。そういえば大江さんは片岡自動車工業への出演こそ三度目であるけれども、いわゆるコロス的なモブシーンには悉く該当していなかったので今回は新境地。お年寄りの姿勢に関しては河上さんが高水準。キックボクシングを習っていらっしゃるだけはあって強靭な足腰で安定。大江さんはふらふら。それぞれの個性を活かしつつ、立体的なシーンにしたい。構図についても前からじゃないとわからない事だと思うし、もはや構図作りこそ、この芝居の全てと言えるかもしれないのできっちり探って行こう。薫ちゃんはさすが大所帯で歴史のある劇団さん所属なだけあってそこらへんの自己配置やバランスの取り方が卓抜している。

物語は序盤だけを細かく当たって時間いっぱいに。

青島青子と愛犬エンジェルを演じるいっちーと玲ちゃんの登場シーンもくど目にやりました。ここはもう絶対面白くなる!と思いつつ、自分の節回しを代役で立ちながらやってみた。やってる人たちもおかしいんじゃないかなぁ。

稽古の隙間隙間で、林檎さんと丹下ちゃんが打ち合わせをしている。この芝居の二巨塔なだけあって二人の負担は半端なく大きい。ほんの一呼吸の間でも理由がある林檎さんと、細かい理由はさておきテンポをあげたり下げたりする丹下ちゃんはまだチグハグ。どこのペアでもチグハグなところから始まる。最初から息ぴったりな訳なんか無いから、もう本当に練習量がモノをいいます。

そこに全てがあるというか、練習したものがきっちり積み上げられたものを作りたい。

今日はチームサポートとして初めて顔を出してくれた浅野里奈ちゃん。彼女と共に、いぶちゃん、ミキティ、秋穂ちゃんと集まってくれて舞台で登場する小道具を作成してくれました!一緒に作業したいなぁ!

ここから先、どれだけのモノが積み上げられるのか。
出演者のみんなの頑張りと、自分の冴え、どちらも必須項目。
だから舞台は面白いんだけど。

この人たち、どんだけ練習したんや!言うくらいのモンを断固目指す。

区切り線

スーパーソニックジェット赤子
片岡自動車工業

シェアする