稽古初日の陣。

稽古初日の陣。

こんばんわ。片岡自動車工業シアター・ドラマシティ公演「スーパーソニックジェット赤子」稽古初日。

工場施設内で作品と向き合う。メンバーは少数精鋭の林檎さん、一瀬さん、真壁さん、有元さん、河上さん、いぶちゃんと、自分。林檎さんは東京から今日お越しになって皆様とお会いするまで大阪まで滞在される。頼れる主演であります。

台本を全員で読み合わせ。
リライトしてからは初めて通しで読む。
ト書きも含め1時間20分でフィニッシュ。
フライヤーに記載通りのランタイムを計算通りに目指す。ランタイムの重要性もあるが、物語性にも問題がないかしっかり精査。大丈夫、ちゃんと面白い。劇場空間としっかり向き合い、ペースを守ればちゃんとグイグイ引き込まれていく作品になっている。
舞台美術のプランが上がっていて劇場との打ち合わせやテクニカル、そしてダンサーリハも進行中。全部集まるとすごい事になる。

「スーパーソニックジェット赤子」は、7年前に上演している自分の脚本演出作品なのだけど、初演との大きな違いは、上演する劇場のサイズの差と、初演には男性キャストがいなかった事、自分も初出演であるという事。もう一つ、劇団ではなく一人ユニットであるという事。

本日から参加してくださったゲストは、初出演の有元さん以外は片岡自動車工業への出演は何度かされている勝手知ったる方々。劇団体制ではないけれども、しっかりと作品と向き合いリハーサルを充実させてくれる。初見からエンジンをかけてくれた有元さん、そして心強いサポートのいぶちゃんも面白かった。不在のゲストにプレッシャーを与えるような作り込みをしてガンガン行こうぜ、という意気込みで参ります!
7年経っても7年前の演技をリプレイしてしまえる一瀬さんには瞠目致しました。

これから参加メンバーがどんどん増えていく。楽しみ。素晴らしいメンバーに揃っていただけて本当に光栄だ。稽古終わりの懇親会では畠山さんも顔を出してくれました。

ドライアイが止まらない!

これから稽古の日やそれ以外でもどんどんレポートを上げてまいりますのでどうぞお付き合いくださいませ。

チケットは大絶賛発売中。日に日に埋まっていいく座席。と、それでもまだまだ無限に感じる座席数。前の方で見るのはちょっと恥ずかしいよってお客様、もうそろそろチケットをとっても大丈夫になってきましたよ!お待ちしております。

代表作を作るべく邁進いたします。12月10日のワンステージっきりの大勝負。
一人でも多くの方に見ていただけますように。
チケットお申し込み、心よりお待ちしております。

区切り線

スーパーソニックジェット赤子
片岡自動車工業

シェアする