IDentity終了。進め赤子。

IDentity終了。進め赤子。

こんばんわ。お久しぶりの日記です。最近はSNSばかりに頼っていかんいかん。

CLW「IDentity」in 浪切ホール、無事終了いたしました。原田みのるさんの公演、ダンスの中に物語を通す役割をいただきました。一年以上前から脚本という形でも関わらせてもらい、忘却の王様の役を演じました。最初の方は物語があるのかないのかわからない道化師的な印象だったと思いますが、強いメッセージと物語を孕んだ大きな役でした。

こんな役を演じることができて本当に嬉しかった。そして半年以上もの間、一緒に切磋琢磨したモリオくんにも助けられました。もちろん初共演だったのでどういう距離感でどういう感性の持ち主なのかお互いが探りあったりする時期もありましたが、やはり原田みのるさんが絶えず二人の間で通訳をしてくれました。

バレエやハウスやジャズ、そしてコンテンポラリーなどの様々なダンスのプロフェッショナルな方々が集まり、こうやって一つの物語で紡がれていく様はまさに演劇的で感動しました。
なんかあれだな言葉にならないな。

またこのような機会があれば是非とも参加したいなぁと思う次第です。

終演後、舞台で集合写真。原田みのるさんのすぐ隣に座ってしまいました。
本当にありがとうございました。

さてもさても。
2019年唯一にして最大の挑戦、片岡自動車工業の本公演の「スーパーソニックジェット赤子」にいよいよ着手。こちらの日記も更新頻度が上がって参ります!

チケットはぴあのみの取り扱い。
まだまだお席はございます。しかし早期予約からたくさんのお申し込み、本当にありがとうございます。でもシアター・ドラマシティはなんと800席以上ある未曾有の大劇場。埋まるのか座席。本来だったら千秋楽はもう完売いたしました!と言ってもいいほどのお申し込みをいただいておりますが、まだまだ座席には余裕がございます。是非ともお友達にも言いふらして、ご一緒にどうぞ12月10日は梅田で会いましょう。

どうぞよろしくお願いします。

区切り線

スーパーソニックジェット赤子
片岡自動車工業

シェアする