「足場の上のゴースト」稽古中

「足場の上のゴースト」稽古中

PM/飛ぶ教室「足場の上のゴースト」稽古。
1月4日。2017年稽古はじめ。音響のヌーボーさん、美術のコアラさんがいらっしゃって、出演者さんも全員集合。蟷螂さん演出のもと、怒濤の稽古で最初から最後までズドドドーと流れでやったり、細かく返し稽古をしたりで濃密すぎて頭パンクしそうになってます。

写真は16年前の「足場の上のゴースト」。有り難い事に写真を頂けたのでババーンと載せちゃいます。今回のチラシで蟷螂さんが書いてらっしゃいますが、この演目は今回で最後になるかもしれないと。桂雀三郎さん演じる「おじい」の役はこの演目の看板といっても過言ではない魅力が容赦なくキラキラとほとばしる「おじい」。20年前の初演からおじい。まだ僕が大阪で演劇を始めるずっと前、深夜のテレビの演劇番組のブラウン管のその向こうに蟷螂さんがいらっしゃいました。憧れるように芝居を初めて、ヤンチャもいっぱいして結成も解散もあって、こんな演目にキャスティングして頂きまして。

「足場の上のゴースト」はタイトルもクールでカッコイイ。内容もすごい。昨日は美術の模型が稽古場に登場したんだけど、目が白黒してしまった。

稽古では絶賛足を引っ張っている僕ですが、自分らしさのスタンスも持ちつつ、挑戦挑戦で参りたいと思っています。まぁね!足引っ張ってて宣伝が億劫になるなんて本末転倒も甚だしいですし、ガシガシ宣伝させてください。絶対面白いですから。桂雀三郎さん演じる「おじい」はもちろん、出演される全員が見所でして。時代と共に流行の芝居って変わり続けるなぁと思ったりもしますが、この作品は、少なくとも最近見るお芝居のそれとは全然違ってて。

圧倒的に演劇がそこにあるわけでして。

若い人にもたくさん観て欲しいです。
演劇に憧れて演劇病をこじらせた僕が言うのもあれですが、純愛があって生き様があって役者が光っててホンがすごい。やっぱこれに尽きますネ!

上のほうの「足場の上のゴースト」の文字をポチっと押すと、チケットの予約ページに飛べます。ホンマに観に来て下さい。今日も稽古です。いってきます。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする