赤い観覧車。

赤い観覧車。

dysmic entertainment「人生はミラーボール!!」全公演終了いたしました。4日間で9ステージとはかなりタフな芝居でした。自分は脚本・演出を行澤孝(以後・なめちゃん)と担当。主に20名の女優と4名の男優たちと駆け抜けました。ご来場まことにありがとうございました。

なめちゃんとは、ゲスト同士で共演したり、お互いの劇団にゲストで出演したり、即興イベントで3年間以上同じチームで活動したりと互いの手の内を知った間柄でもありますし、毎日会ってたくらいに連み続ける時もあったくらいですが、今回は初のディレクションワークでの共同。頼れる存在であり、自分には出来ない事を彼が担当してくれたり、まさに二人三脚でした。

久しぶりにというわけで千秋楽、劇場を後にする前に観覧車に乗り、1000円の記念写真を購入。何やってんだ40のおっさん二人で。まぁでも個人的には手応えのある公演で、しっかり反省点もあって、初めて出演してくれる24名の役者たちもとても頑張ってくれた。良いことばっかりじゃなかったけど、それでも交われて関われてよかったなぁ。また一緒に作れたら良いな、と思う人たちばかりでした。

作品は今年の2月には一度完本していてその後も試行錯誤が続きました。DJタイムたチークタイム、ダンスシーンともりもりあった内容だけども90分以内に終演させねばならないという時間制限とも戦い続けました。5つの小さな物語で出来たオムニバス形式の作品。脚本執筆に取り掛かる頃は打ち合わせの連続でノートも真っ黒になったくらいでした。まぁでもね、パズルは現場でもたくさん出来たし、役者によってまだまだ伸び代もあったし。

朝子、沢子、なな、なおみ、なつ、貞、イパネマと7人のヒロインたちがヒロインになる前の物語でした。物語というか、これは自分となめちゃんの試みでもあり、「この辺がドラマになれば一番良いんだけども」と意識しながら作ったささやかさにまみれたお話たちでした。全力で演じ続けてくれた出演者に感謝。

そういえばなめちゃんと最後にHEP HALLで共演したのはもう相当前で、ピースピットの「呪いの姫子ちゃん」だったはず。懐かしいな。劇中一言も交わしてないけど共演はしてました。

RABBIT HEART PROJECTの事も振り返りつつ、もう次の10月公演、そしてドラマシティ公演への準備に殉じます。いろんな人に会っていきたいなぁとも思います。また書きます。では!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする