笑顔の難波ちゃん。

笑顔の難波ちゃん。

「THE 20回転の恋」初日の幕が開きました。お越しいただいたお客様へは前説でご挨拶させていただいた男です。満席で開幕となったわけですが、本当にお一人お一人にご挨拶したいほどの感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!

まぁね!とにかく出演者を褒めてください。本当によく頑張ってるんですから。今日は朝からリハーサルでゲネプロもやって初日というかなりのタフさを要求されたんですが、全員で走り切った。評判も概ね好評のようで一安心。作りとしては「あのシーン良かった」「このシーン良かった」と言ってもらいやすい作りですし、「あの子が良かった」みたいな比較もしやすいし、物語もシンプルなんじゃないかなと思っています。大阪は雨が降って虹が出て台風が接近しているとの事。天神祭で花火もバンバン上がってますしね。実にタイムリー。

オーディション合格者のみ、とかで集まったし初舞台も居るけど、演出的には一切ビギナー向けじゃないオーダーを通しつつ、初観劇のお客様にもわかりやすいという作りを狙ってみてるんですけども。そういうわかりやすいけど、ちょっと表現が変わってるよっていう空間演出とデザインみたいな事に拘っていて、そこを後押しする仕事を担っている真壁さんです。

演出メモとして、今回、意識的に取り組んでいるのが
「明と暗」「静と動」「男と女」「現実と空想」「賛成と反対」「優性と劣勢」「多勢と無勢」「抽象と具象」「上昇と低下」「絶頂とどん底」「右と左」といろんなベクトルのコントラストを軸に、多面的に人物と物語も捉える100分間、って感じです。これを選択するにはなかなかの取捨が必要で、やり始めたらどこまででも広がってくるので制限時間以内にまとめるのに苦労したくらいです。頭はね、いくらでも使えますからね、思いつく限り。もちろんワンアイデアのみで押し切る演出作品も好きですけど、今回はお節料理のような作りにしたかったのもあって、無音のステップワークシークエンスやミラーリング、マスゲーム要素の入ったパフォーマンスや、コマ送り、みたいな、台本には書ききれないようなことを演出に詰め込んだし、出演者は知っているんだけど、もう書きあがった時にはほとんどの演出はテキストに反映されていた形です。

登場人物が二人っきりなのに二人芝居じゃ絶対に実現出来ないってところや、携帯電話が駆使されるのにそれが肝心の相手に繋がらなくて、結局アナログ的に攻めるしかない、みたいなちょっとした理不尽も面白みに繋がればいいなと思ったり、やっぱ面白いシーンって悲しいシーンのその先にあったりするよなぁとか思ったり、自分が作るエンターテイメント作品の四十八手を詰め込んでます。

というわけで、明日は15時と19時。どちらも当日券のご用意をしております。どうぞご興味があればお越しください。大歓迎いたします!

今回が初舞台で初経験の難波遥ちゃん。フライヤーの女性なんだけども、初日が終わった後の彼女の笑顔が本当に清々しかった。これは演出としても主宰としても誉れでした。達成感はね、楽な事の延長線上にはあんまりなくって、しんどい事の先にあるし、「楽」って漢字は色々な読み方があるけれど、「楽しい」って思ったり思ってもらったりするのは大事だもんね。楽して人は感動させらんないし、この作品は楽して作れるものでは到底ないので、とても気に入ってます。

最後まで楽しもうと思います。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする