スペックに問題無し。

スペックに問題無し。

片岡自動車工業での稽古納めだった7月23日。
RHPメンバーAnneちゃんの一日遅れのバースディ。おめでたい。彼女は物語の至る所で結構重要なポジションを担っている。見た目もビビットだし芝居も良いしきっと目を引くと思っています。普段から自分にテーマを設けている人は結構芯が強くて芝居がブレない。ハマらない時はとことんハマらないのかもしれないけど、この作品ではズバッとハマっている。

この写真。みんなおニューTシャツを着ています。デザインが重要視される大部分がバックなのちょっとわかりづらいけど、物販用にホワイトとオートミール。そしてメンバーだけのメロンとアプリコットがあります。デザインは全員でやりましたんでメンバー限定のオリジナルカラーです。白もオートミールもめちゃめちゃイカすのでこの夏は是非袖を通して欲しいと思います。

ちょっと作品について。

この物語はなんと言っても天野栞と言う女の子と空山照と言う男の子の二人に尽きるんですが、恐ろしい事に登場人物は二人しか出て来ません。実際には他の役もちょこちょこ出て来ますが、シナリオとしては、テレビの中のアナウンサーや電話の向こう側の声など、ある種のフィルターが掛かったもの以外は、すべて栞と照の二人っきりです。二人っきりの物語を24名で奏でるえげつない作りになってます。脚本にも栞1番から栞20番まで出て来ます。まぁ、芝居なんて見てもらって初めて面白さが伝わったりもするので、劇場で刮目してもらいたいという一言に尽きるんですけど。

簡素で単純明快に徹した脚本と、空間デザインと群像会話に特化させた演出との複合という結構ややこしい舞台を、言っちゃえば初舞台の子も含めた24名で余す事なく100分間駆け抜けます。本書いてる時も演出つけてる最中も頭爆発するかと思いましたし、やる側はもっとえげつないと思います。でも気持ち良さそうだったりもします。今日は演出的に最後のテコ入れをしました。ギリギリまで調整は必要で通しを何度もやって初めて飛び出た画竜点睛の如き閃きでした。創作過程でちょっと世良ちゃんが鼻血出ちゃったけども。大丈夫かな。その変わりというわけでもないけど、曇り気味だった部分も大きく晴れて20名の女優たちが余す事なく活躍する仕組みへと昇華した気もする。

鼻歌を歌ったり踊ったり、いろんなアプローチでパフォーマンスも展開します。でもみんな最初は何の事だかさっぱりわからなくて全てがはじめの一歩で、まぁ初舞台にせよ何にせよ、こんなに多種多様の表現をする舞台も早々ないので経験値はかなり上がってると思います。この作品に出演した後だったら大抵の芝居には驚かずに出られるような強度の根性にはなっているはずです間違いなく。

あんまり話題に上がらない男子は実は大活躍で本当にこの4人で良かったと思わせてくれる毎日です。なんか、今日、すごく久しぶりに彼らのシーンの演出をつけた気もします。

長らく通い慣れた尼崎の片岡自動車工業とこれでお別れいたしまして、明日からin→dependent theatre 2ndにて劇場リハの日々。あとは突っ走るのみです。一人でも多くの方に観てもらえるように、まだまだ発信を続けます。

マスメディアが騒がしく娯楽の形が大きく変わる事件や、悲しい事件もあって気が滅入りそうになったりするかもしれませんが、僕らの芝居はいろんな曇り空をぶっ飛ばす爽快さが詰まってます。是非。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする