四度目の通し。

四度目の通し。

えー、あー、どーぞどーぞ、片岡ですどーぞ。

尼崎を飛び出しましては、遠方の公民館でロング稽古。期待を裏切らないメンバーの結束と影の努力で作品への集中力が上がり続けているため、割り稽古というシステムを導入。ちょっと時間で区切って1時間、2時間でも遅く入れるように、その間に出来る作業や各々のメンテナンスに充ててもらう方が効率は上がったりもするわけでして。13時からの稽古でも16時に開始とアナウンスがあったら休めたり出来ますし。

とは言いつつも結局みんなやる気に満ち溢れていて早くに集まってくれたりもして、劇団より劇団らしい集団になってますウサギたち。室内は飲食が禁止だったのでご飯休憩では外で一列に並んで昼食を取ってました。男子が一人だけいるよ!

仲が良いだけではなく切磋琢磨して競うところは競わないといけない構成になっている「THE 20回転の恋」。本番5日前。5ステージある本番のうち、残りの座席はもう数える程。あとは当日券で入れるだけ入ってもらおうと胸をドンと叩く制作の大さんとハシクミさんの頼もしさたるや。

そして夕方より全員で4度目の通し。小屋に入るまでに通しを6回行う。それだけ練習量が求められる内容が詰まりに詰まった作品だけども、4度目の今日の通し、遂に、出演者たちが脚本と演出の手から離れ始めた。自分たちでもっと良く見せよう、どうすれば良いかなどの試行錯誤が稽古中に所狭しと繰り広げられていて目がいくつあっても足りない。自分と演出助手の真壁ちゃん、そしてスペシャルアドバイザーの大江さんの目を以ってしてもまだ追いきれない程に分散。実はこの空気になるための礎は男子メンバー、特に中心になってくれているのは澤くんとドリルくんだ。そこへよっくんと小川くんが呼応してチームが出来上がり、男子のチームワークが発揮され始めた。それが徐々に徐々に女子へと伝染していき、最初は片岡だけの頭脳で考えていた物語も、とことん24名の出演者と3人の演出チームによる巨大な蜂の巣のような頭脳に進化し始めた。通しの内容は荒かったしミスもあったけど、ずっとずっと楽しかった。

「お局ちゃん御用心!」は全部のステージを音響オペをしながら見ていて、もう何度でも観れちゃったけれども、「THE 20回転の恋」も何度でもいける。そんな演目になってきました。フルオーディションでここまで伸びるのは期待以上だし、そうなれば演出もまだまだ要求できる範囲が増えてくるわけで、当然そこらじゃお目にかかれない名作の予感がプンプンし始める。

エンディング付近、会心のシーン運びを見せた難波ちゃんは初舞台とは思えない程にピュアで直向きで胸を打ったし、よっくんのキャラが一際輝き始めたのにも震えた。中盤ではこれまた初舞台の藤田七海ちゃんがとうとういっぱしの役者の姿へと変貌を遂げ、ピンポイントでは神山くんが大活躍だった。

イチゴジャムのように詰まりに詰まった果実のような甘くて酸っぱくてプライマルな「THE 20回転の恋」はもう来週の今頃には終わっているという儚さ。ところで芝居関係の人たちにはあんまり興味を持ってもらえないという悩みもあって、まぁそこらへんは今に始まったわけでもない永遠の課題みたいなものでもあるんだけど、やっぱ観てもらいたいな、と思いつつも、同業者の中でも感性の違う表現者からすれば琴線に触れないただの賑やかな芝居に見えるのかもしれない。でもそれでも敢えて言うけれど、近年の自分の劇作は骨が太くなってきた。

大音量でビートの強い曲がかかれば反射的に踊るのもエンターテイメントかもしれないけど、芝居の面白さは、会話や、もっと言うなら、登場人物たちが雄弁に紡ぐ物語の行間で揺れ動く感情こそがエンターテイメントだと信じてます。全部やってる。てんこ盛りの100分。エンターテイメントからちょっとはみ出たところにある、舞台表現と真っ向勝負している作品です。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする