仕掛けと昼夜稽古。

仕掛けと昼夜稽古。

こんばんわ。RABBIT HEART PROJECT「THE 20回転の恋」をどんどんブラッシュアップ。100説明して伝わっている事は10くらいなのかもしれない。それくらいを覚悟しながら進んできたけど10どころかしっかりと伝わっている人には伝わっていて、これまで蒔いてきた種はしっかりと芽吹き始めてきていると実感できた昼夜の長時間稽古。

写真は休憩中、ご飯を食べる女子たち。

今日は物語の半分をあっちこっちと行ったり来たりしながら稽古を貪り続けた。全シーンの演出がついたと言っても形だけの事で、演出としてはいよいよここからが本格始動みたいなところもありましてですね。ええ、気持ちの話です。ここにどれだけの時間と解釈を持ち込む事ができるかが芝居を何ランクも変えると思っていて。いよいよ着手し始めたハートの稽古では「このシーンはこう言う事!」「ここのシーンであなたはこう言う部分が魅力的」と、わりと細か目に解説。ビギナー向けと思ったり、いやいや割とシビアな注文してるぞと思ったり、自分の心の中も行ったり来たり。ただまぁ日増しに感じるのは、どんどん集中力が増していっていて、もちろん結束力も、一見馬鹿げた事を真剣に出来るかってところです。芝居もディズニーも、素に戻されたら一気に冷めちゃうもんなぁ。端から端まで魅了し続ける要素で詰め込んでもまだまだ足りないくらい。

稽古は訓練と言い換えてもいいくらいだし、それは肉体的な面でも精神的な面でも稽古中に出来ないことは本番に出来っこないんだから、稽古期間で出来る事と出来ない事を区別する確認作業はもちろん、出来なかったことを出来るようになる訓練も作品を押し上げる必要な過程だと思ってます。

で、今回の新作は、そりゃもちろんまだ誰も本編を観たことがない人でいっぱいなわけだけど、初めて観にいらしたお客様には「もう一度観たい」と思ってもらいたいわけですよ。今回は作品の特性を最大限に活かしたクライマックスシーンを用意していて、ここは個人的には初の試みです。心中穏やかではないと思いますが、この機会でなくては挑戦出来ない事だとも思っていて、うまくいく保証はどこにもないし、とてもリスキーなのだけど、そんな事を言い出したら、全シーンどこを切り取っても100%安全なシーンなんて当然あるわけがないですし。まぁネタバレをしない程度にできるアナウンスは、多分「毎ステージ、どこを観ても他のステージでは見られない光景が拝める作り」である。と言う事くらいです。一度観て気に入ってもらえたら、何回でも見れます。確率的には80回くらい見れる感じです。なんじゃそら。物販も準備万端。今朝、かなり凝ったアイテムのデータを入稿。仕上がりが楽しみ。

そんなわけで、演出席でも集中力が求められますが、明日は昼間は「人生はミラーボール!!」で24名の役者と、夜は「THE 20回転の恋」で24名の役者と、向き合います。帰ったら、キーボードと指相撲です。今月、もう一本新作を書きます。今年の夏は頭も身体もパソコンも熱くて暑くて仕方がない。

来たる12日には、片岡自動車工業より重大なお知らせもございます。
「やってやれねぇ事はねぇ!」
自分が大好きな芝居に出てくる大好きな登場人物を、大好きな俳優さんが吐く名台詞です。完全リスペクト。

「これをとんでもないなんて言う奴は、全くとんでもない奴だからいっそ飛んでゆけ」とも。全く、良いセリフだなぁ。とんでもない。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする