雨降って地固まって。

雨降って地固まって。

たくさん光が見えた一日。RABBIT HEART PROJECT「THE 20回転の恋」はどんどこどんどこ進んでいて遂に全体の輪郭が見え始めた。稽古が始まったばかりの頃に比べたらもう今の24名は戦士のようになっていて、この空気に辿り着くには大量の演出オーダーや理不尽な壁も、乗り越えて来なくちゃいけなかった。

一人の意識が伝染して、どんどん影響が影響を及ぼして、三週間もの間、時間をかけながら作品の立体化を丁寧に進めた結果、自分がどう言った演出を施しているのか、皆一様に己らの体と心を通して真摯に向き合ってくれていたので、今日の稽古で遂にその成果の片鱗がでた。長年演出をやっているけれど、なかなか見られない光景だった。

「ここがこの作品の大一番」である事を説明し直ちに返し稽古。透明な感情を一気に爆発させる、ただそれだけの大一番だけど、大人たちには難しくて、舞台に立ちたい!と純粋に創作の現場と向き合い、ひたむきなメンバーから演出席を仰け反らせるようなエネルギーの放出を感じた。この手応えを失わないように、まだまだ精度を上げれば、自分の劇作人生でもお目にかかれなかったところにまで手が届くかもしれないし、本当に素敵なメンバーが集まってくれたなぁと思いました。客席にお披露目をする一月後にはまだまだパワーアップさせて、怖くて震える兎の心臓で、劇場空間全体をバイブレーション出来るかもしれない。

稽古を切り上げ全員着替えてメイクアップもして、PVを撮りました。BANZAI FILMSがフル稼動で取り組んでくれたこのプロモーションは本番並みのテンションでクランクアップしました。出来上がりが楽しみ。

雨が降って、地が固まって、星になる勢いで夏を駆け抜けたいなぁと思います。目指しているこの作品の成功は、しっかり成功すれば演出家としても脚本家としても、主宰者としてもこの上ない誉れとなるはずだ。

「THE 20回転の恋」
このお話、すごいトリックが隠されているわけでも、意外な展開が待っているわけでも、大統領が暗殺されるわけでも、誰かが裏切るわけでもない、多分とてもとても静かな物語です。演劇表現としてトライする事に意義があるけれど、多分、小説とかそっちの方向きなんじゃないかなぁ。でもさ、演劇が演劇のまんまじゃつまらないと思うし、役者は何にだってなれるって事を、みんなに知ってもらいたいんです。綺麗事でもなんでもなく、ずっとずっと昔、自分が役者を始めた時から変わらず思い続けている事だったりします。

乙女心と野暮な少年心をくすぐり続けるような作品。どこかの誰かが真似をしたくなってくれたら嬉しい。でもこの作品を真似るのは容易くない。現時点で、自分でさえもここまでどうやってきたか、記憶が曖昧になってる部分もありますし。とにかくさ、絶対ナマで観た方が良い作品にするから、みんな観にきてよね。来月末、いよいよ開幕だ。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする