「THE 20回転の恋」脱稿。

「THE 20回転の恋」脱稿。

RABBIT HEART PROJECT「THE 20回転の恋」脱稿。

性質上、難易度が高い脚本だったので、なかなか大変だったけどもこれはかなり面白いんじゃないだろうか。系列的には「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」「何億年先でも」「S〜現実〜」のようなハートフルな演目になるはず。誰にでも経験がある事を、芝居というか見世物にする場合、触れられはしてもたったワンシーンくらいで済むような事をとことんまで追求する徹底した切り口の演目。個人的にはかなりの挑戦があって、是非見に来て欲しいです。

写真は左から、河野楓、藤田七海、稲田紗恵、難波遥、南愛美の美形ゴレンジャー。オーディション合格者のみんなは稽古開始時にはまだどこにでもいる女性だし、現在もまだ進化途中ですが、幕が明ける頃にはスーパーガールたちになっているはず。本当に。テキストは鬼のようだけど、エンディング付近はかなり面白いギミックになっているので、稽古が楽しみ。それまでの構成や演出に目処を立てて、出演者たちの頭の中をパンパンにしてからが勝負。

割と鬼のようなオーダーを出しているので、みんながどこまでやれるかにもかかっているけど、演出も演者も志はどこまでも高く持つべきだと思うから、一緒に駆け抜けてプライマルな2019年の夏を満喫しよう。

まぁちゃんと壁にもぶつかっていてですね。現実的には。足を引っ張る者もどうしようもなくいる。稽古の合間に叱ったけどまるでぴんと来ていない。その者たち自身にももちろん問題はあるが、環境が良くないんだ。舞台は他の誰かが用意してくれるわけじゃないのにチヤホヤされてんのか、しっかり教育されてないのか、あるいはそのどちらもなのか、とにかく温度が低い。

目指す芝居の偉大さはもうわかっているはず。覚醒しているメンバーもいるのに、実力も人気もないものが勝手な都合で稽古を休み、周りの足を引っ張る。こういうのはあれだな、誰かに足を引っ張られる側にならないとわからないのかもしれないな。そういうところも全力で伝えていこうと思ってます。ネバーギブアップスピリッツで挑むのは作品を面白くしたいからってだけの理由ではなく、頑張っている者の努力を台無しにするって事。

世間は君たちの母親ではないのだからね!

自力で育て、震わせろFOOLISH HEART。雑草のように何度でも挫けて、その度に這い上がって来てくれ。反省するならやりすぎた!っていう反省をしてほしい。そういう者に限って「もっと出来たと思います」とか平気で言うんだから。

最近演劇の講師とか先生やってる人たち、マジでちゃんと指導してください。二日酔いの鈍くしか動いてないような頭で、未来の表現者たちの授業を請け負い、彼ら彼女らの感性を損なわないでください。心からお願いしますぜ。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする