孤独もおかず。

孤独もおかず。

おはようございます。片岡です。

●RABBIT HEART PROJECTの発表にたくさんの方からコメントを頂きました。嬉しいなぁと心から思います。

自分が彼ら彼女らなら、どうして欲しいのか、とかもいろいろ考えて、参加メンバーが活躍できる場をしっかりと用意して、成功した時もコケる時も共有する覚悟をもって、ビジュアルをそれぞれ撮影した次第です。撮影自体が初めてのメンバーもいて、それはそれは緊張していました。劇作を通して逞しくなってほしいなと思う。

近くに居る人を説得させることさえ出来ないうちは、舞台で説得力のある芝居なんて出来ないだろうし、目の前の事を全力でやってみているんだけど、もうちゃんと反応がある。みんなワクワクさせてくれる。

話全然変わりますけど。
●よく「あと何歳若かったらやってたけど…」って聞くんですけど、自分のモットーは「愉快な行進」なので、思いついたことは全部やっていきたい。腰の軽い人間であればあるほど、「あと何歳若かったら」なんて言わなくでもいいし、若く在り続けられるんじゃないかなぁと思う。夜中、飛ばしてBAIZAI FILMSのロケ撮影現地へ。差し入れを持っていき、朝食の仕込みを手伝っておにぎりをたくさん作って、「ここさえ決まればめちゃめちゃ良いシーンになる」ってところの助言だけお節介を焼いてきた。

このタイミングであのロケ地へ弾丸で行けてよかったなぁと思います。現場の熱意も受け取れるしねぇ。

●そしてそして、「Wall」いよいよ稽古が本格的に始まります!グループラインがけたたましい。本から察するに自分はどうも、上演中ほとんどの時間、舞台上であることがわかった。大変だけどやり甲斐あるな!
頑張りますとも!

●8月HEP HALLでの「人生はミラーボール!」は行澤氏と脚本演出部を結成。合作の第一稿が完成。順調である。これは自分主宰ではない公演なんだけど、オーディション参加者がものすごい数になったそうな。加筆修正も視野に入れねば。

さて!
自分は7月「THE 20回転の恋」のデザイン業務と執筆と。6月「Wall」稽古、8月「人生はミラーボール!」のスケジューリングと、10月のダンス公演のリハ。あと怪物みたいな企画を企んでいてアレコレと走り回っています。どうせやるなら大勝負。厄年の本厄である今年だからこそでかい勝負に出たくてずっとずっと作戦を練っています。実現できたら良いなぁ。

しんどいことももちろんしなくちゃいけないけどね、楽しいことを100倍やれば、ホラ。時間も周りも味方になってくれる。自分が何か助けてほしい時、周りの誰かも困っていることがあるなら、その誰かの助力になりたい。そうすればちゃんと返ってくる。結果自分も輝いたりするもので。

最近、自分の口から自然と出た言葉に、驚いた。
「こんな小さな手ですが、しっかり引っ張るから全力でついてきて!」
って若い頃はこんな事言えなかったし自信もなかったけど、自然と出るもんなんだなぁ。いやぁ、成長させてもらってます。

今は一人で日記を書いている。一人っきりだけど孤独をおかずに頭の中で作戦会議が始まってます。夏まで駆けぬけよう。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする