はじめの第一歩。

はじめの第一歩。

えーびーがた「地球ロックンロード」いよいよ数時間後には千秋楽を迎えます。ありがたい事に満席の千秋楽。制作さんや舞台監督さんの尽力により、増席が可能になった。少しでも多くのお客様に観ていただけますように。もちろん、何もかもが初めてのユニットの公演。至らない点もたくさんあったと思う。痛手もあった。良い事もそうでない事も全部含めて前進はする、それは演劇に限った事じゃないと思っていて。うまくいかない事や挫折しそうな時に、頑張ってもどうしてもうまくいかなかった時の失敗は、「後日には笑い話」だなんて手放しに発言するんじゃなくて「次に繋げるために歯を食いしばる受難」と向き合うことが大事なんだと思う。

小野村さんも真壁さんもそんな事と向き合い続けた「地球ロックンロード」だった。出来ない事は出来るようになれば良いし、ピンチはチャンスに変えられる。いつでもお客様の前で全力の作品をお届けする!と言うネバーギブアップの精神を、えーびーがたはずっと持っていたなぁと、半年以上も前から一緒に作戦会議をしてきた自分だからわかるのです。

急な降板騒ぎで、矢面に立つ事になった是常祐美さんは、超人的な魅力で惹きつけ続けてくれている。片岡自動車工業「お局ちゃん御用心!」でご出演いただいた時にも、いつだって彼女は困っている共演者に手を差し伸べてくれた。生粋の演劇人です。もう今回、小屋入りしてからの彼女はアスリートそのものでしたから。もう本当に感謝が尽きません。

「地球ロックンロード」は二人にとっての代表作にはまちがいなくて、今後の活動に期待が膨らむ。今回はゲストであったり宣伝美術であったり、プロデューサーであったり、深く関わらせてもらったけれども、いつだって全力で応援している。次回公演があって、そこには自分がいないかもしれない。二人のユニットだから当たり前だけど、そんな時には遠くからでも全力で応援しています。

色んな思いを胸にラストステージに臨みたいと思います。

應典院で関わった作品はとても多い。
●劇団初應典院上演作品「DEAR MY DADDY」
●劇団の新人が炸裂したガールズバンドショートストーリー「スーパーソニックジェットガール」。
●台詞一切なし(自分だけ)某RPGゲームを基盤に親子愛で結ばれる「お母さんがゾーマ!」
●真壁愛初ヒロイン作品、個人的にも代表作の「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」劇団だけでも四度もお世話になっている。
●突劇金魚「愛情マニア」「ビリビリHAPPY」「幼虫主人の庭」の時代もこの劇場で。
●コント集団「LOW POWERS」での驚愕の連続コント。
●ピースピット「エドワードコントボックス」では脚本演出の一人として参加させていただいた。
●劇団を除けば、最多なのは満月動物園さん。「ツキカゲノモリ」「トラワレアソビ」「ツキカゲノモリ(再演)」「ツキノヒカリ」だった。
書き始めるとまだまだ山のようにあるけれど、この劇場で新たに「地球ロックンロード」と言う名作が刻まれる。

この劇場は人と人を繋ぐ大きなサークル型の円形劇場で、ここで初共演した方達も数知れず。いつも迎え入れてくださってありがとうございます。

明日も宇宙旅行に旅立つぞ。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする