ハローハロー。

ハローハロー。

えーびーがた新聞の話。2月26日に新号が刊行されるのだけれど、今回で5回目。半年がかりで企画を進めようと3人で始めたえーびーがた新聞は登録無料のメールマガジンで毎月末にお届けします。

おれはアイコン画像と四コマ漫画を連載しています。四コマ漫画はそれこそ登録してご覧いただきたいので、アイコンだけドドドット掲載します。

10月発行の初号。
写真は早朝に歩道橋の上で撮った夏のスチール。初めて作った新聞形式の画像。素材が少ないので四苦八苦しながら作っているのが今ではわかる。気に入ってるけど。

11月発行の第二号。
想像以上の方にご登録いただき、第二弾もアイコンを作った。本当はずっと第一号のやつで回すつもりだったのだけど、まぁ頑張れば出来るだろうと組み上げた。地獄の始まりでもあった。写真は楽やさんで撮影の際、昼食で出していただいた杉ごはん。

12月発行の第三号。
2018年ラストの新聞で、ゲストさんも登場。小野村さんのコラム、真壁さんのエッセイ、自分の四コマ漫画。内容がどんどん充実していく。ここでタイトルを発表。地球ロックンロード。チラシも完成。

2019年初号。
いよいよ稽古が始まった。脚本は顔合わせの際にラストまで書かれていて目指す山の壮大さにのけぞった。大人数の芝居も大変だけど五人の出演者で演じ切るこの物語。一人あたりの容量もなかなかのもの。真壁ちゃん、演出席に立つ。スチールは稽古場での片岡自動車工業施設内にて。

そして第5号となる今回。
これで本番までの全ての新聞が刊行される。
細部に至るまで毎回画像の中の文章もリアルに変更し続けた。これと共に四コマ漫画も担当しているのでなかなか楽しかった。特に今回は一応本番前の連載としてはラストにあたるので力も入った。写真は最初の夏のスチール撮影の時と、今と。ずいぶん違う。たった5ヶ月で。

とまぁこんな感じです。記事も画像が多いとなかなか楽しい。
稽古は音を立てるようにして立ち上がり始め、全体の骨格と、どこに血を通わせるのかが、全体として明確になってきた。今回は影で支えてくれる方もたくさんいらっしゃって心から助かる。このまま本番まで突き進もう。

ふと今日の稽古で、初見の感覚が蘇った。そして原型にもなった「ちゃりんこベイベー」も。で、これはやっぱ正真正銘えーびーがたの公演なんだとじんわりした。まだまだ伸び代も多いけど、3月に公演がある事の意味と、公演が終わった頃にはもう桜の季節なのかと思いつつ、今過ごしている冬を思いっきり楽しもうと思った。グッズも進めていて、もうどれも力作。そこらへんのフライヤーよりも時間をかけて作った。値段も限界まで落とした感じなのでたくさん買っていただけると嬉しい。どれもオリジナルで公演のためのスペシャルグッズ。

作品もデザインもグッズも、人も、スペシャルにするのは、いつも今日どう過ごすか、と、こだわり、と暖かさ。

けん玉練習します!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする