踏ん張り時。

踏ん張り時。

季節が巡るよりも物凄い速度と勢いで、地球ロックンロードの稽古に勤しんでいます。
公式えーびーがたサイトにて演出真壁が奮闘日記をかなりの頻度で更新中。リスペクト。出演をして演出をして脚本もしていて主宰の彼女が稽古のたびに言葉を綴る。この公演にかける意気込みが詰まっているので是非リンクからぶっ飛んでください。

地球ロックンロードの稽古はキャスト全員で知恵を絞ってディスカッションになったり、息つく暇もなくシーンを返したりと気がつけば稽古時間が終わっている。当面の目標や今クリアしなくちゃいけない壁には当然ぶつかっていて、小野村優ちゃんが如実に四苦八苦している。それは多分、今回の作品が「難しい」と言うわけではなく、これまで彼女が出演したどの作品でも同じ壁はしっかりあったと思うんだけど、環境にもよる。とにかく彼女にとっては大きな受難の時期であり、これを糧とするかどうか、本番に化けているかどうかは、もう劇場で刮目していただきたい所存。

自分は若い頃、たくさんアドバイスをくれる先輩がいた。行動で示してくれる師匠もいた。今でも参考にしている先輩もいる。今の小野村さんのように、当時の自分もあっぷあっぷしていたし、頭にきたり、食欲がなくなるくらい落ち込んだり、まぁ若いなりに色々と経験を積んだものだけど、一番鮮明に覚えているダメ出しは本番終わりにメモで見せられた「殺す」と言う単語だった。もう気持ちやん!殺意沸かせてるやん!だからこそ今の自分があります。過去はなかったことにはならない。

今!今やらないで明日できるわけがないよね!
そんな毎日を本番に集約させて噴出させたい。えーびーがたの門出だし、全力で応えたいと思う。デザインワーク的には、かなり渾身のデザインが組み上がり、これはぜひコンプリートしてほしい。目処が立ち次第、ご案内をしたいなぁと思います。かなりの力作たち。形として残るものは、当時の想いがいつでも蘇る大切なアイテムになったりするから、そう言う人が少しでも心のブックマークに入れられるような琴線に触れるようなデザインをお届けしたい。芝居も。もちろん。

色々やりすぎてたまに「役者が本業なの?演出?宣伝美術?」と尋ねられるのだけど、どれも大事にしている。そして自分の中で全ては一つの頭から飛び出している事なので舞台クリエーターと名乗って行こうかな、くらいには思っている。良い言葉があれば良いのだけど!

ともかく地球ロックンロードはまだまだ座席に余裕がございます。おれに興味がなかったとしても共演者を、真壁や小野村さんを、見にきてほしい。チケット代も2800円。絶対に損はさせない!

そんな中、色々と同時に進んでいる事もあり、本日より
●BANZAI FILMSのクラウドファンディング がスタートいたしました。WEBドラマの資金を支援していただくサイトです。これにおれは出演いたします。リターンもあるので是非、応援しちゃうぞと言う方はサイトだけでもご覧ください。
●6月に広島、東京、大阪で出演するteam54さん「Wall」も本日よりチケット発売。友達は少ないのだけど、多分座組の中では最年少になる公演。めちゃめちゃ頑張りたい!

今日の稽古は芸術創造館だ。プレートにどんな落書きをしようかなー。とか考えながら台本読もう。では!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする