立体化についてのあれこれ。

立体化についてのあれこれ。

えーびーがたの稽古in芸術創造館。
可愛らしいスペースで少人数のみっちり返し稽古。
えーびーがたのひそひそ座談会が去年の9月12日だったのでもう5ヶ月もこのプロジェクトと共に進んでいる。

ウェルカムボードに初めてイラストを描いておもてなしした動画の逆再生がこれです。もう懐かしいなぁ。

稽古は前回から小返しと呼ばれる稽古段階に差し掛かり。
全体的には読み稽古も半立ち稽古も出来たので、細かく細かく頭からシーンを返していく。台詞の運びや感情の枠組み、辿り方のポイントを細かく洗い出して体感してみる。エンタメと呼ばれる形式の芝居作りでも本来はこういった稽古をしたいのだけど、シーンが多かったり、出演者が多すぎたりでなかなか細かく稽古をする暇がない。だからと言って今回の「地球ロックンロード」がエンタメではないのかと言われると、エンタメっちゃーエンタメなんじゃないかと思えるし、会話を中心に雰囲気を大切にシーンを渡っていくスタイルなので、ああしよう、こうしよう、と展望が細かい分に越したことはないと思う。

で、今回の稽古においては今の所、徹底的に決め込むシーンと割とルーズに行ける遊びの効いたシーンとに別れて、あとそのどちらにも該当しないシーンもちょこちょこと挟まる。徹底的に決め込むシーンをやっているわけなんだけど、ダンスの振付のような細かい試合運びを目指しているこの状況は、割とお笑いのネタ作りに感覚が似ている。ガンガン笑ってもらえるような作品になればいいなと個人的には思っているけど、メインはお笑いじゃないので、ドラマをしっかりお届けしたい。

経験からくるベタの連続をしっかり決める。簡単な事のように聞こえるかもしれないけどとてつもなく難しいし頭を使う。基礎力が求められる超実戦派の稽古で、頭から煙が出た!

序章は慎重だけど、いきなり四回転ジャンプを決めるくらいの度胸で挑む良い芝居だ!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする