関係者試写会サンダース。

関係者試写会サンダース。

昨日はBANZAI FILMS「きよひこサンダース」の関係者試写会でした。昨年末、ツンとドラが終わってクランクインした自主映画は二週間という速度でクランクアップ。なぜかというと今年5月にある映画祭への出品作品であるため、締め切りが迫っていた。ともあれ鬼村監督は怒涛の撮影の直後からレッドブル生活で編集を済ませ、映画祭審査へエントリーを果たした。

「30分くらいの作品」を目指していたそうだけど50分になってました。内容が盛り沢山だし編集の過程でそうなったらしい。

この作品、完成を初めて見たんですが面白かった!
個人的な好みもあるけど、遊び心も荒っぽさも危うさも盛り込まれていて、でも物語はわかりやすい。素人目に見ても編集の技術が凄いのが伝わった。自分も良い感じにしていただいて嬉しかった。特に何テイクも重ねたシーンなんかは「おお、それがそうなるのか」という驚きもあり、ジェットコースターのような50分で退屈しなかった。この作品、本当に日の目を見て欲しいなぁ。審査も通過してもらいたいし。こればっかりは祈るばかりだけど。祈れる分には全力で祈ろう。

で、誘ってくれた澤くんと二人のシーンは、もう10年以上ぶりに共演となったのだけど、噛み合わせがとても良くて、あの演劇の日々がなくちゃこうはいかないよなぁとしみじみとなった。そして我々の生み出したテンポやテンションが作品を押し上げているような感覚にもなって自画自賛ではあるけど、これはマッチしてるんじゃないノォ?みたいな感じです。いやいや、自分たちだけでなく出演者のみなさん、この撮影で初めましての方々がいたのだけど、一つ作品を共にするとこんなにも仲間意識が強まるんだなぁ、そこは演劇と一緒で、この試写会で久しぶりに顔を合わせられた事がとても懐かしい気持ちになった。まだ最近なんですけどね、撮影は。

さあ2月8日。暖かかったり寒かったりが続きますが、今月はいっぱい動くぞ!友人たちの新作の演劇情報もどんどん発表されていて賑やかになってきた。作品は一緒じゃなくても応援しあったりも気持ちがいい!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする