ワルタン有り難う。

ワルタン有り難う。

「片岡自動車工業を立ち上げるんだ、力になってくれないか」と言った相手は数人。その中の一人にワルタンという人物がいる。気がついたら居るし、気がついたら居なくなってるカメラマンだ。出会った時の関係は、自分が出演者、彼が脚本家。映像に関してノウハウがある人物で、片岡自動車工業でのPVだけではなく、ここ数年で自分が劇作するモノの動画素材は全て彼による者です。

なんと本番の映像も収録してくれていたりステージ裏もバッチリカメラ小僧だ。いつも関心させられるような角度で攻めてくる。数年前に体調が悪くなったのにも関わらず、ピンチの時にはいつでも駆けつけてくれる男だ。何か力になれればいいんだけど。

今回のえーびーがたでのPVももちろん彼。彼がカメラを回す作品は満席ばかりの印象だ。もしかしたらものすごい縁起の良い人物なのかもしれない。お互いに「健康第一」をモットーに付き合いが続いていて自分はとてもそれが嬉しい。有り難うございます。

本日もえーびーがたの稽古でした。場所を芸術創造館に移して濃密な5人の時間。頭のシーンから4ページくらいまでのシーンを、細かく細かく返していく。ここまでは流してきた部分も今回からは拘りはじめて、あっという間に稽古時間タイムアップ。やっているうちにこれはまだまだ面白くなるぞ!と確信に近いものを感じたりもした。今日は、演出である真壁が役者に専念するため、えーびーがたの二人は全力投球でシーン稽古。他の人たちで見るという持ち回り。中でも福田さんのコメントが秀逸で女性目線で、演劇のメソッドにお笑いのメソッドが取り入れられた見事なもので、この作品の要にもなるような発言も飛び出た。さすが看板女優だ!いつか福田さんとコントかなんか作りたいなぁ。

小野村さんは知性が溢れていて、飛び交う意見を自分なりに処理するのが上手だし早い。それに今日はとても調子が良かったので彼女の演じる役が活き活きとし始めた。結局、技や才能も大事だけど、最終的に決め手になるのは、心意気だと思った。

そして今回の公演において重要人物も稽古場に来てくれました。ゲストという括りになるのだけど、これはとても楽しみな企画なので是非お楽しみに。色々と動いてますよ!

今日は嫌がる内の猫ふじと撮った昨年夏の写真で今回はお別れ。また次回!

物事の価値は規模の大小や人気じゃなくて心だと思う!
だからみんなの心に虹がかかるような一日でありますように!

公演はもちろん夜空にノスタルジックな流れ星を輝かせたい。

LOVE。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする