4本。

4本。

「○○○したい」と思ったことは即実行する。そんな事を三年前くらいから心がけ初めて。

安請け合いではなくてなるべくならフットワークは軽く動けるようにして。今年はさらにその先へ行こうと思っているので、現在抱えている担当作品は4本ある。ラビットハートプロジェクト以外の三本はどれも発表に至っていない案件なのだけど、今年のラストには化け物のような公演が控えている。

出来る事を増やす。
出来なくなった事を出来るようにする。
新しい作品を大事に作る。
人事を尽くす。
どれも楽しむ。

初めては怖いことも多いけど、何事も両足で飛び込めばうまくいく。泳ぐのが怖くても水面に入ることから始めないとわからない事で怯えていてもしょうがない。出るところに出てみて、怒られちゃっても仕方ない。胸を張って怒られよう。一人でやってると、怒ってくれる人がいないというのが最大の短所でもあるので、最後の最後は覚悟の度合いで決まるような気もします。

えーびーがた「地球ロックンロード」は劇団時代、共に過ごした真壁愛がいよいよをもって始動するユニット公演。今回は三つの立場で関わる。プロデューサーとして、宣伝美術として、そして出演ゲストとして。

出演者は5人だ。とてもいい人数だ。それにタイトルがイカしている。今年初めての出演作品はこの「地球ロックンロード」になるのだけど、すでに本が出来ている。新作なのに素晴らしい。過程は置いといたとしてもお世辞抜きに面白い作品になると思っている。もし自分が関わっていなくて観客として観た時に「関わりたかったな」と嫉妬するほどになると確信に近いものも感じている。

今年の初観劇は、ウイングフィールドにてかしこしばい「河童ライダー」となった。75分とコンパクトなランタイムな上、出演者は3人。俺と所縁の深い今からひっくり返すの小林夢祈くんが立派に出演していた。古後七海さんの劇作は突劇金魚のサリngROCKの影響を大きく受けているなぁと思ったら教え子のような存在の方だった。こっそりだけどおれも夢祈くんに何らかのおれっぽい雰囲気を感じられて、そんな作品が繋がって上演されているのはなんだか嬉しくなった。作品の内容も二重構造がしっかりしていて、跳ねた芝居だったと思う。

小さな理由から、祖母の葬儀に顔を出さないという選択をした少年の背徳感や後悔にフォーカスが当たっていて、良い感じに演劇媒体を利用しているだけでなく、姉と言う存在が多面的な視野で描かれていて少年の存在を際立たせていただりした。河童と祖母を演じる女優さんが劇団員という事にも納得がいったし、影響しあって作られた作品であることがとても伝わったのでおもしろかった。実際、そこらへんで打たれている芝居なんかよりよっぽど面白い。始まり方、終わり方に、それに当日パンフレットに掲載されている古後七海さんの挨拶文も、小憎たらしくて好感が持てた。かしこしばいの次の公演も観たくなったと言える!

余談かもしれないけど、まだサリngが助教授だったころ、三宮のイカロスの森や阿倍野ロクソドンタで上演されていた頃の作品を観た時の事を思い出した。もっとどうでも良い余談は、その頃の突劇金魚の公演に片岡自動車工業でおなじみの大江雅子さんが出演していた事にも驚きを隠せない。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする