392018。

392018。

こんばんわ。
大晦日12月31日。
2018年の締め括りの記事となります。

ここのブログを読んで下さった方が、前回の記事のほんのささやかな文章が気に入ったとわざわざ連絡をくれました。何というか、それだけでブログを更新してきた甲斐があるなぁと思って良い一年となりました。

皆さんにとってはどんな一年でしたか?

コントをやったりギターの弾き語りをしたり二本同時公演を行ったり、江ノ島の喚起チラシを考えたり初の異色ユニット公演を行ったり、オーディションを開催したり、11年続いたシリーズのファイナルに出演したり、全力で舞台を設営したりバラしたり、プロデューサーをやってみたり、映像作品に参加したり、たくさんの初めましてがあって、実に喜怒哀楽で溢れる一年でした。

一年間、お酒も飲まなくて、車も無事故無違反で、風邪も引かなくて、たくさん眠った。おかげで一度だけ寝坊してしまいました。

中でも大きかったのはHEP HALLでのロングラン新作弐本同時公演。写真はたった一度きりの上演だった「お局ちゃん御用心!」男性乱入公演。男子は全員幽霊という珍現象での登場で好き放題。あの時は確かにHEP HALLが拍手と涙と笑い声で揺れたと思っています。

自分にとってHEP HALLはとても特別な場所であることの、また特別がさらに生まれました。恥ずかしがらずに書いちゃうけど。

自身が手掛ける公演の中では珍しい部類の時代劇。特に「大奥」「関ヶ原の合戦」を基盤としたこの両作品を、大河ドラマ好きな両親にも見届けてもらえた事が嬉しかった。

今年は躍動の年にすると決めていたので掲げたスローガンも最後まで向き合い続けられました。物事、すぐに整理がつかないことも降り掛かったり畳み掛けたりするのが世の常ですが、立ち向かうだけでなく、寄り添って向き合う事にこそ意味があるんじゃないかと思える一年でした。

みなさまあっての片岡自動車工業だと思っております。まだまだお力添えいただく事があるかと思いますが何卒よろしくお願いします。

392018!! LOVE。

二本の締め括り。

●昨年知り合ったばかりの堀内玲ちゃんや竹内獅士丸さん、そして梅村和史くんのようなぜんぜん違った畑で活躍する人たちに自分の作品で交わってもらえたことも大きな前進でありました。
●この前進の大前提には、演劇人生で最も付き合いが長い上原日呂氏、ターニングポイントでは必ず参加してくれている吉田青弘氏二人の尽力もあり。
●苦しい時代に確実に側に居てくれた大塚宣幸氏、袋小路林檎氏、丹下真寿美氏の参加があって。
●胸を借りるべき先輩であるところの山浦徹さんと大先輩の蟷螂襲さん、駆けつけてくれた正安寺悠造氏。
●ダンサーの中で最も関わりと理解が深いMIHOちゃん、斉藤千秋ちゃん、MOROちゃんがいて、田中美聡さんが居て、初参加の柏谷翔子ちゃんが居て。
●外部出演で共鳴するように呼びたいとオファーした森崎正弘さん、諏訪いつみさん、大江雅子さん、安達綾子さん、延命聡子さんをお招きして。
●一方的に舞台を観て気になっていた東千紗都さん、飯嶋松之助くん、是常祐美さんにも声をかけて快く承諾していただき。
●劇団時代からの古き良き仲間である中元優那さん、真壁愛さんが、やっぱり居てくれて。
●片岡自動車工業からサポートとして入ってくれた、しだっち、いぶちゃん、夢祈くん、さえちゃん、なごちゃんが後押しをしてくれて。
●今井さん、直子さん、大輔さん、徳ちゃん、赤星さん、西本さん、小山くんの強力なスタッフワークに支えられました。

良い公演になったし、良いお客様たちにご来場いただき、一番の幸せ者でした。打ち上げでも言いましたけど「お局ちゃん御用心!」は続編にもきっと挑戦したくって、でもオリジナルもぜんぜん名作で、「関ヶ原の見物人」は生での勝負故、もう一度やろう、などと気軽には考えられないところにこそ成功を感じていて。

DVDが完成し、発送も完了しました。是非お楽しみに。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする