オフ。

オフ。

いつぶりかのオフ。えーびーがた新聞の四コマ漫画を描いて、超久しぶりにのんびり過ごした。誰かにアドバイスでも言ったけど休みっていうのは本当に必要で、自戒も込めて記しておくと、自分は演劇活動を1年ほどお休みしていた時期があって、その休みは充電期間という意味合いではなくただただ「何をすればいいかわからない」という時期だったのだけど、3年ほど遅まきながらに思う。あの休憩は必要だったんじゃないかなと。

山浦さんが劇団を解散する際に「たくさん走り続けた劇団、お疲れ様でした。今度はたくさん休んで、きっとまた君たちは走り始めるだろう。その時はおれも混ぜてくれたら嬉しい」という激と労いの言葉をくれた。
山浦さんは右も左もわからない自分を、いつも笑顔で助けてくれるスーパーマンみたいな人であり、大先輩だ。今年の公演での石田三成は山浦さん以外に考えられなかった。自分の作品に出演してくださったのはこれが2回目。一度目は「お母さんがゾーマ!」という演目で、その時もものすごく力になってくれただけでなく若手以上に芝居を楽しんでくれた。そう務めていらっしゃっただけなのかもしれないけど。どれだけ頑張っても追いつけそうにもない偉大な先輩たちが自分のまわりにはたくさんいる。

さて。
視点を変えて、自分は今自分と関わってくれている人たちにとって、偉大な先輩であるのだろうか。反面教師にすることだけを見せつけるような先輩にはなりたくないし、先輩面はなるべくしたくないなとも思う。だからと言って表現者の一人として、謙虚や謙遜は最低限必要だけど、そればっかりにならないように、人を大事にするのももちろんだけど、あくまで公演成功や作品成就を最優先に考えるような表現者であり続けたい。

大人になり、色んなしがらみもあり判断が鈍る時もあるけれど、いつでも半笑いでピンチをチャンスに変えるモンスターになりたいなぁと思う。すくなくとも、自分の尊敬する先輩たちはいつだって逆境の中でも弱音も吐かず、全力投球で面白い作品を作り続けているのだから。憧れるばかりでなく、自分も誰か憧れられるようなことがあったとして、がっかりさせるようなことはもう二度としたくないなぁと思う。

そんなことを考えていたらオフっぽくないけど、ちゃんとオフで、年内の入稿案件は全て完了。さあ部屋を片付けよう!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする