BANZAI。

BANZAI。

BANZAI FILMZの映画作品に参加。鬼村監督の指揮の元、ツンとドラ終わりから昨日まで連日の撮影でありました。クランクアップ。映画の撮影に纏わることを徒然なるままに書き記しておきます。

写真左上から山本ドリル君、赤田健君、真壁愛さん、手前が澤奈津樹君とおれ。撮影は勿論鬼村監督。作品のタイトルなどは、映画祭の審査を通過した際にお知らせするとして、審査がどんなものなのか一切知らずにいるので、ひょっとすると永遠にお知らせがないのかもしれません。撮影自体はオールアップしていて後は編集のみ。

この数日で学んだことはとても多くて、今後の自分の創作活動へのエネルギー源になると思う。まず今回のBANZAI FILMSと言う集団に混ぜてもらった事自体が初めましてなのだけれども、ラーメン屋の澤君からの熱烈オファーと、タイミング的にも十分に参加出来るスケジューリングだったのでお受けした。映像作品だけあって全ての撮影が現地ロケ。北風と海風が吹き荒れる現地での過酷なロケもなんのその。全員の熱い気持ちで乗り切った感覚。ツンとドラが最近終わったばかりなのだけど、オーディション合格者のみんなのやる気で成功したとも言えるあの公演の、若いみんなの力を思い出さずにはいられなかった。

初めての環境で初めましての方々と作品を通して仲間になっていく感覚は演劇媒体にも通じるところを感じるのだけれど、撮ってオッケーが出ればそのシーンはもう二度と演じることのないシーンになっていき、台詞もたちどころに消えていく。消滅していくのではなく昇華していく様はデザインワークに近いものを感じた。音声も照明も現地で。どれだけ備えていても現場では想像だにしない事態にも遭遇してアドリブで乗り切る場面もあったのだけど監督の「大丈夫」の一言にどれだけ力を頂いたのか計り知れない。

オールアップした後、カメラを回していた監督は「終わったぁあああああ」と底冷えするアスファルトの上で仰天してひっくりかえった。なんかそれが可愛らしかったり、大変さを物語っていたり。河川敷を全力疾走したり、深夜に大声で叫んだり、血糊がベッタリだったり、やっている方は夢中で演じていられるのだけど、監督の大変さは我等の比ではないだろうな。そして全力でやってきたこの数日間は、後々、伝説呼ばわりされたりもするんじゃないか?と言う手応えを密かに感じたりもしている。

余談だが、自分が手がけた過去の作品「お局ちゃん御用心!」や「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」も、後から絶賛されるような事はあっても作ってる最中は一生懸命すぎてただ過ぎ去る日々だった。後になって記録を見返した時に作り手なのに「やっぱ面白いやんけ」と思ったりする。全部後からの話。

色んなものを頂いたBANZAI FILMSさん。
本当にどうもありがとうございました。
また関われたら嬉しいな。

演じ手・片岡百萬両としての2018年はこれで演り納め。
つくづく思うけど劇団を畳んだ時はもう二度と戻って来られないんじゃないかと思い、悩み続けた長きに渡る暗黒時代から、片岡自動車工業を旗揚げして、三年が経ちました。すっかりソロ活動が板についてきた2018年、どの公演もなくてはならない誉れとなった。片岡自動車工業としても新作二本立てはかなりリスキーだったけれどもそれ以上に破天荒で有意義だった。でもまだまだ。チャレンジは終わらない。最近の活動で思った事、ずっと前から考えていたものが自分の中でクッキリとしてきた。

3月えーびーがた。6月team54。7月ラビットハートプロジェクト。

関西演劇界という界隈が身内同士で「最近元気ない」「観客人口の減少」なんて囁かれるのを耳にするたびこう思う。自分らで言ってるだけやん。

もし元気がなかったら元気になればいいし、観客人口が本当に減っているのだとしたら、それは解決しなくちゃいけない問題を誰も解決しないからなだけだと思っていて、おれはこの問題に関して個人的に思うところはあれど、関西代表でもなんでもなくってただのソロ表現者として、しっかりと向き合っていこうと思うばかりだ。少なくとも観客人口に関しては減っているとは思わないし、片岡自動車工業の活動に関して言えばむしろ公演のたびに劇場に足を運んでくださる方が増えてありがたいばかりなのだけど。

一年間使い続けたアイキャッチ。愛着が湧いたなぁ。来年の分ももう作った。

2019年はヒーロー(ヒロイン)を誕生させたい。青子を演じてくれた一瀬尚代さんや、お局ちゃんを演じてくれた袋小路林檎さん、そして凪と楓を演じてくれた太田伊純ちゃんと真壁愛さんのように。

要するにおれはヒーローじゃなくていいし、たまになりたい時にそっとなれるだけで良い。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする