新しい物語。

新しい物語。

12月13日。
ツンとドラ終演からの息継ぎもそこそこに、BANZAI FILMSさんの映画作品の撮影現場へ合流。顔合わせに本が完成しており、中心人物である監督のイメージは的確。しかも割とクレイジーな感じで、映画祭だけれども一次審査や二次審査があってお披露目できるかどうかが定かではないステージを目指すために集まった集団。モチベーションの高さと監督の統率力が伺える現場で、楽しいだけでなくちゃんとそこに目指す指針があるおかげでアイディアが埋もれずにクリエイティブなやり取りの応酬が続いていて活性化させられる。

映画の現場は初めてではないにしろ自分がよく知る畑ではないので、様々な俳優さんたちのアプローチや姿勢が新鮮。芝居の現場でもオーディションのみんながそうであったように、力量や経験値ではなくポジティブなパワーがあちらこちらに散りばめられている。まだ始まったばかりなのだけど、これが然るべき場所で評価されなかったら悔しくて悔しくて仕方ないだろう。勝ち負けが存在する世界なのでそれだけ力も入る。

なんにせよ新しい物語に触れる瞬間はプライスレスだ。

12月14日。
片岡自動車工業vol.3「関ヶ原の見物人」vol.4「お局ちゃん御用心!」DVDの最終工程。副音声コメンタリー収録の日。あれこれと準備を進めてきたので、自分自身も楽しみだ。

12月15日。
in→dependent theatre 1stで相内Pのトークイベントに参加させてもらうことになりました。15時から1時間ほど。イカスケの青木くんと一緒にお邪魔します。

来年の事もどんどんと進めている。形としてお届けできるのはまだ先の話になりそうだけれども、ありがたいことに、出演や脚本、演出、そしてデザインワークの仕事はどれも面白そうなものばかりの2019年。応援していただけると嬉しい限りだ。

と言うわけで今年は遂に忙しいと一言も口にしなかった2018年。残り二週間ちょっとで終わるようなので次の記事で2018年の活動を振り返ろうと思います。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする