重ねろレイヤーとテキスト。

重ねろレイヤーとテキスト。

どうも。ツンとドラの準備、そして劇団925の稽古、それからえーびーがたのプロデュースのなんたるか、それからまだ発表できない来年の案件を二つ三つ四つ抱えている感じで毎日が首ったけ。

今年の二本立て終わりから活動範囲が広がっていて本当にありがたい。仕事が増えても忙しいアピールはしたくないので「え?いつの間に?」「そんな先のことまで?」とちょこちょこ言われるけどライフワークにしてんだから当たり前の物量であって、物量が増えたからといって精度を落としたくない。

上の画像はえーびーがたの新画像で宣伝美術を担当してます。主に真壁ちゃんのイメージをアウトプットしていく上で小野村さんのアイディアやセンスも取り込んでいます。ロゴは小野村さんにクレヨンで書いてもらいました。おれはデザインはするけど、やっぱこの二人を見て感じて嬉しくなって欲しいから、2人を近くに感じれるような工夫を取り入れたい。

最初30×30に参加した2人の作品はちゃりんこベイベーでこれは手書きのイラストを勝手に書いた。気にいってくれて良かったよ。ここから色々始まったりもしたなぁ。

近年のデザインワークをここにペタリと。

ポストカードサイズで手応えがあったのは小林夢祈くんの「今からひっくり返す」の戯曲男のデザインもかなりスタイリッシュだし、「何億年先でも」のポストカードだってノスタルジックでクールだ。

で、神戸シアターエートーの「ミュージェル神戸」の旗揚げ公演のビジュアルも色合いで勝負していてぶっ飛んでる。これも真っ白にするかとても悩んだのでカラーが採用されて嬉しかったのを覚えている。

「グッド・コマーシャル」はもう最初から本あるし、面白いし、これまでにいくつも上演されている演目なのでイメージを一新するような事がしたくて、劇中のマジの台詞を背景に埋め込んだりもした。すごいね。これの大阪公演まだ今年の話なんだな。

で、やりたい放題している自分のとこの公演が下。色合いがもうなんて言うか本当にチカチカしていてインパクト以外何も伝わってこない。インパクトにのみ重点をおいて頑張った。

色合いだけで勝負してこそインパクトかと思っていたのだけどもこの公演のポスターがなんと下。

それでようやく今これ↓「ツンとドラ」。レイヤーは一番多い。色々重なっている。撮影は堀川さん、衣装は植田さんに一部協力していただいて、ダークファンタジーかつ割とハッキリしたビジュアルに仕上がったと思っている。ファンタジーって結構ボカして誤魔化せたりするからそう言う事はしたくなかった。

で。デザインのあれこれはここまでにして、ここから先はファンタジーの話

誤魔化さないファンタジー創作っていうのは劇作に関してもそうだと思っていて、簡単に嘘つけちゃうからさ、ファンタジーって。シビアなリアルやヒリつくような息遣いこそファンタジーの真骨頂だと信じているから、時にはリアルよりリアリティのある瞬間もやってきたりドキッとしたり、そんな風に扱いたい。

設定を考えて、好きなキャラクターたちが出てきて、ってだけじゃまだまだ満足できないもんね。だからなんとなくやってるファンタジーって苦手意識が芽生えちゃう。作り手は満足しちゃえるからね。苦労して設定したキャラを役者が演じてるだけでも。ちゃんと見せることも視野に入れなくちゃいけないんだけど、落とし穴みたいなのに引っ掛かっちゃう。だから一杯精査したい。

ツンとドラはファンタジー作家のSarahさんとタッグを組んでお届けする。お互いファンタジーに求めるものが違っているのだけど、違いを楽しんで欲しいんじゃなくて、違いを楽しんでもらうなら別にオムニバスでも言いわけだし他の公演でいいじゃないスか。他では見れないモン目指してます。なのでその分負荷も大きいし一本の物語にするのに難儀もしているけど、試行錯誤の向こう側にしか名作なんて有り得ないから、やっぱ妥協も遠慮も美徳にせず愚直にファンタジーを貪り尽くそうと思います。

成功したらかっこいいでしょ。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする