リュックと歩こう。

リュックと歩こう。

カバンを新調。こういうスッキリしたカバンが欲しくて買いに行っても毎回キャッチーで派手なやつを購入しがちだったけれども、やっと黒いリュックを手にいれる事が出来た。

だからと言ってやっぱ地味すぎるしちょっとアクセント欲しいなぁって事で赤と青のキーホルダー。ブラックのカーボンリングと一緒にカスタマイズ。リングはまだひとつ空きがあって、この先出会う何かがカスタマイズされるといいなぁと思いながら。いいでしょ。

はい。そんな事もありながらツンとドラ「S」の顔合わせを開催いたしました。
Sarahさんとおれの二人で共同作業で台本。先手はおれがまずあげて、45分のシナリオが完成。プロット次第だけどもSarahさんのホンを待ちつつホンちゃんのチラシデザインに精を出す。これはつぶやいた事でもあるけど「二本立て」なんですか?とよく聞かれる。

いえいえ、一本の作品です。オムニバスでもないです。短編でもないです。

最近短編のオムニバス形式だったり、リバース公演だったりが多いせいで、前回公演の片岡自動車工業の「関ヶ原の見物人」と「お局ちゃん御用心!」もリバース?と尋ねられたくらいだ。

まぁこんな場所だから書いとくけどリバース公演のような、同時期に一部キャストをシャッフルしながら打つ公演が個人的にはとても苦手だ。「この役はこの人でなくちゃ!」と言う思いで作品と向き合っているし、仮に「別の人ならどうするだろう」という思考になったとしてもそれは飽くまでたらればの範疇で終わっている。過去に自分が出演した芝居でリバースがあったけど、あんまり良い気分でいられなかった。誰バージョンとか。比較もされちゃうし。それで優劣がつくのは良いけど、少なくともおれはもうひとりならどうなるんだろう、という気持ちで劇場に足を運んだりはしない。まぁ単純に苦手ってだけの話と、役に対する価値観の違いかもしれない。

「S」は27名の大所帯。
顔合わせでもツンとドラの二人の差が出たような気がする。まぁ作り方も全然違うしね。
初めましての方もたくさん、個人的には15年ぶりに共演になる有元さん、そして10年ぶりになる林遊眠ちゃん、そして昨年一度だけ共演したことのある一明一人氏が一同に会するのはとても面白いメンバーだ。そこへプロデューサーとして関わることになっている真壁愛、そして小野村優ちゃんの二人は片岡自動車工業の出演者でもある、うちの公演を成立させるのにたくさん頑張ってくれたチームサポートメンバーもついに一緒に劇作する事になったのは嬉しくてたまらない。ダンサーズもちぃがいてくれてるし、ムーンビームマシンカンパニーと片岡自動車工業カンパニーの紅白大合戦みたいになるかもしれないし、今年はうちの公演だけでは終わらせないぞ!そして来年だってまだまだやるんだぜ。

おれはここ2年でとても元気になった気がする。息もしてないような日々だったような思いでしたが、ちゃんと活きてる。経験が、無駄に過ごしていたようにも思っていたけど、そうじゃなかった。芝居に対するアイディアや、失ったものと今できる事の確認作業をゆっくりとしていたんだと思う。だから今はまた走れる気がしている。

来年7月にはラビットハートプロジェクトも始動。本体は片岡自動車工業。ひとりのアクターでもありデザイナーでもあり、なにするかわかんない破天荒なエンターテイナーでもありたい。まだまだいけるっしょ。

それとあれだ。これもつぶやいたけども、他の芝居の内容であったり宣伝方法であったりで「いいなぁ」と思うキャッチーなものを、演劇人はすぐに自分のところにも活用しようとする。「おれが考えたやつやん、パクんなや」というわけじゃなくて、どういう理由でそれを思いついて、どう実行するのかっていう中身を見ずに、その形だけを真似るやつ。ああいうのはすぐに頓挫するか、一回で失敗する。それを年上がやってたら目も当てられない。

ともあれ、おれはおれの道を。
新しいリュックと共に平成最後かどうかは知らんが、終わりより始まりの鐘の音をたくさん鳴らします。みなさま、どうぞ今後もご贔屓に。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする