えーびーがたのひそひそ座談会。

えーびーがたのひそひそ座談会。

應典院で行われた「えーびーがた」のひそひそ座談会。参加してまいりました。
片岡自動車工業vol.2「名探偵青島青子 -劇場版-」で共演してくれた真壁愛氏と小野村優氏両名によるユニットがえーびーがたで、2019年3月に應典院本堂ホールで初となる本公演を行う。おれはこの公演で宣伝美術とプロデューサーを担当します。先日のひそひそ座談会は、公演の先駆けとなる有意義なイベントとなりました。

今日は皆さんに是非知っておいてもらいたい事を記します。
※お時間があれば是非ご一読ください。

應典院は本堂を劇場空間としてホールを貸し出してくれています。その昔、名前もまだシアトリカル應典院だった頃、劇団でも公演をさせていただいたり、space×drama企画(スペースドラマ企画/スペドラ)という演劇祭もあってたくさんたくさん参加させてもらいました。

今回えーびーがたが参加するのはspace drama nextと言う2018年に開始された劇場の新企画。参加団体が定例会議を行ってみんなで盛り上げようとあれこれ試行錯誤を繰り返している真っ最中です。成長する演劇祭になれば良いなぁと個人的には思います。

その企画の一つとして「オープンセサミ」と言うのがあって、ワークショップでも公開稽古でも良いので、お客様と本番以外の形で劇場にお越しいただけるようにとの趣旨の企画なんですがえーびーがたも参加したのが今回なわけです。今回が旗揚げ公演となるえーびーがたがワークショップなんて何教えれば良いのかわかんないし、3月の公演、そもそも稽古も本格的に始まってもいないし、どうすりゃ良いんだ!みたいな状態だったけど、座談会をしてお客様の話を聞かせてもらったり、我々の話を聞いてもらったり、「オープンセサミ」がそんな場になったって良いんじゃないか、と言う事で怖がりながらも初の試みと相成りました。

総勢16名にも及ぶお客様にお越しいただき全員で電気を消して公演の材料になるかもしれない懐かしき時代をひそひそと振り返りました。とても良い話が聞けたし参加できてよかった。

こんな風にしてお寺が劇場が解放されるのはとても良い機会だと思うし、演劇祭の事も知ってもらえたらさらに嬉しいです。せっかく自分も参加するのでウェルカムボードを描いてみました。

一発書きでどうなることかと思ったけども、割としっかり書けたなぁと思ってます。(自画自賛)

座談会はホームルーム形式で進行。
二人が学生服に着替えたえーびーがたが日直。チャイムが鳴り「起立、礼」の号令で始まり、同じ号令で終わりました。おもてなしのお菓子と青春譚で。そうそう、えーびーがたは真壁愛氏が脚本と演出を担当します。青春時代の真っ只中にいる時は青春だってことに気づかないけど大人になってからあれは青春だったと言うセピア色の時代に二人が身を窶すスタイルでお届けできると思います。おれは面白いと思っているユニットなので協力できて非常に光栄です。
そんなわけですので、どうぞえーびーがたをご贔屓によろしくお願いします。

SNSでは #2018SDN#えーびーがた で呟いてくれたりするとより一層有り難いです!

あ、ちなみに片岡自動車工業ではありませんが、劇作の真っ最中でツンとドラをやってます。これも初企画。暴れるゾォ。なんと真壁さんと小野村さんのお二人が偶然一緒に出演してくれます。これも実は外部出演としては「青島青子」振りの共演だったりもします。もちろんおれも出ますので、是非お楽しみに。今日はツンとドラのスチール撮影でござる。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする