夏の終わりの青島青子とタイムスリップ。

夏の終わりの青島青子とタイムスリップ。

昨日の夜から急に涼しくなった8月18日。そういえば参加すると言っていたBBQなる集いに行ってきた。非常に珍しい。だがそんな場所にも気軽に顔を出すやつになりたい。暇は作り出すものだと思うから。いつでも暇そうにしていたい。

誰が参加するかわかんないまま集合場所に行くと青子がいた。思わぬ再会だったけど、わりといつも通りにお互いに接した。「お局ちゃん御用心!」も「名探偵青島青子」も主演の名前がタイトルになっている。一瀬尚代女子は片岡自動車工業の第二回公演でヒロインを勤め上げてくれた名女優だ。山奥の澄んだ川に足をひたして無邪気に遊んで魚を発見しては声をあげていた。また一緒に作りたいなぁ。いっちー。いっちーかと思えばこちらはたっしー。

アクロバティックでエンターテイメント性あふれる彼だ。一緒にバッタを捕獲して童心に返った。バク転をしようね、と約束もした。なんでも積極的に取り組む頑張り屋さんで真面目な彼は知り合ってまだ一年くらいしか経たないけど、すっかり仲良しだ。

おれも川遊びをしてみた。靴下と靴を放り投げて。土曜日の朝から集団で遠出してはしゃぐなんて過ごし方が今までになかったのだけど、わりとすんなりと馴染めた。ような気がする。上流にあたる川の底の石たちはまだ川の洗礼を浴びていないせいかゴツゴツと日焼けもしていない足にダメージを与えてきた。いてて、と言って体制を崩して腰をダメにするような体幹ではなくなった。自由自在だ。ビバ背筋。

石を投げたり。

石を割ったり。

水切りショットしたり。

堤防を作ったり。

埋立地を作ったり。

良い感じの石を探したり。

それでまぁ、やっちゃうんですよ。石積み。賽の河原でもないし苦行でもなんでもなく楽しくてやっちゃうんだけども。ほら、みんなもやってる。やればわかる。絶妙なバランスで石を積み上げる快感が。

当てたてのアッシュ色のパーマで頭皮はズタボロだけど、良い1日だった。初めましての方もいた。一日中、男とばっかりつるんでいた。

この施設の一番高いところに山小屋があって、急な斜面を制さねば辿り着くことはできない奇天烈な場所なんだけど、登ることができた。山小屋の中には、小さな男の子と女の子がいた。親は山の下で涼んでいる。プレイスレスな空間とドキドキと夏の日差しから隠れるような暗がりで、小さな二人に被写体になってもらった。

なんとかして本人に送ってあげたいくらい良い写真だ。こんな写真をみていたら「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」を思い出す。隣には青子がいるのに。やっぱあの作品は不滅だよなぁ。と思った。

そして片岡自動車工業vol.5のタイトルが舞い降りた。演目は冗談からはじまったやつ。それを日に日に大きく温めてきて、今もまだ温めている。だからそう、次回公演はします!

片岡自動車工業ね。もうvol.5か。「ツンとドラ」「劇団925」「ラビットハートプロジェクト」まだまだ盛りだくさんだけども、片岡自動車工業の次回作で新しい伝説を生み出したいんだ。それくらいぶっとんだタイトルでもある。片岡自動車工業が次回どんな公演を打つのか、楽しみにお待ちいただければ幸いです。

誰か良い出会いないかなぁとも思います。新しい人たちに片岡自動車工業に出演してもらいたいし。

そしてタイムスリップが4年前。今思い出すべきことをしっかりと思い出させてくれた。また一歩、力強く前に進むのだ。のだ!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする