久々の更新。

久々の更新。

どうもお久しぶりの片岡です。最近はめっきりデスクワークや事務作業。だけにとどまらずあちこち飛び回っていたりもする。前回公演後もデザインの仕事もやっていて、まぁそれはお芝居とは関係ないやつなんだけど、結構力作な上、紙媒体になるので嬉しい。関東のほうで配布予定です。

ここ最近であった事、思ったをするすると書く。

●ツンとドラ出演者オーディション。
今年の12月に結成するムーンビームマシンSarahさんとのコンビユニット「ツンとドラ」の第一回出演者オーディション。男女それぞれに課題の脚本を書いてよんでもらったりアピールしてもらったり。改めて思う。Sarahさんとおれでは全然芝居の作り方が違う。でも今彼女と共に芝居を作る事がおれにとってとても重要な挑戦である事だと思う。二人で合否も決めた。たくさんのご応募、ご参加本当にありがとうございます。

●ツンとドラ「S」脚本プロットや執筆作業。
どちらも書く今回のシナリオ。タイトルも「S」で決定するまでになかなかの紆余曲折があった。最初からおれが提案していたのは「13歳」というタイトルだった。いろいろあって「S」になった。いったい何がSなのか、一文字のタイトルって初めてだな。大丈夫かなインパクトは。ちゃんと届くかな。未体験に遭遇中。

●「S」仮フライヤー入稿。
今日届くはずなんだけど。というか本当は昨日届くはずだったんだけど。お盆もあってなんか予定狂っている気がする。宣伝美術を担当しているけれども、ここでも同業者としての意見の食い違いもあったりした。切磋琢磨である。通すところは通して、折れるところは折れる。「S」という文字をデザインしまくった。ちゃんと苦労が届くといいんだけど。

●とてつもない距離の徒歩。
歩いたりしている。体がなまってしまわないように。走ったりも漕いだりもする。汗だくの夏だけど40歳になってもまだまだ元気で居たい。背筋ばかりが鍛わってきた。腹筋も発達させたいけど腹筋がつらい。全然楽しくない。そんな話を坂口修一さんにしたら「逆だ」と言われた。背筋楽しいのに。

●追突事故。
去年の暮れ、追突事故を引き起こしてしまった。脚本や人事で頭がいっぱいだったのか疲れていたのか本当にやらかしてしまった。そしてちょっと前、今度は追突された。おれのせいで交通事故渋滞が起こってしまった。おれのせいでもないか。尼崎の医者はいつだって偉そうだ。身体はびっくりするくらいに元気だ。

●撮影。
撮影現場に行く。現場でのひらめきであったりロケ地の匂いや風、アイテム色んなものを駆使して限られた時間以内にたくさんのいい写真が撮れたと思う。カメラマンの腕がものを言う。そんなおれはカメラが不得手だ。ちょっとくらいは撮れるようになればいいんだけど、もうそうなったらカメラマンになっちゃいそうな気もする。

●色んな芝居を見ている。
一番最近観劇したのはパプリカン・ポップ「ミーム」。名探偵青島青子に出演してくれた森口直美ちゃんがやっている一人ユニットだ。かつて劇団時代に何度も出演してくれていた井田さんの演技を久しぶりに観た。元気そうだったけど、芝居は相変わらずだった。おれは好きなんだけどね。でも井田さんの芝居は作品を選ぶなぁ。変わる事の良さと、変わらない事の良さ、いろいろ考えさせられた。井田さんは変わらない。森口ちゃんはめちゃめちゃがんばっていた。一人で公演を打つ事の大変さを知っている身としては他人事ではない。

●夜景を見に山に登った。
ずいぶん久しぶりに摩耶山にいった。たくさんの人で溢れかえっていた摩耶山星の駅から見える神戸や大阪の夜景はくっきりしていて、風もちょうどよくていつまでもそこにいてしまった。ナイーブになったり何かを取り戻しに行ったわけじゃないけど、あの時間は自分にとってとても必要だ。一人で行くときも、誰かと行くときも。

●SNSで色んな意見。
色んな人の思いや仕掛けが短文や限られた枚数の写真で閲覧できてしまうSNSは、たくさんの誤解も生んでしまう。おれは片岡百萬両と名乗ってやっているアカウントだから、わりとスタンスがハッキリしているけれども、ブレブレなのも見かける。

でもさぁ。
「お局ちゃん御用心!」の劇中でも描いたけどWSってなんでみんなやるんでしょうねぇ。反対でも賛成でもないけど、スキルや気持ちの受け渡しをするんだったら、ゴールまで一緒に走りたいから簡単には手が出せないな。そしてなぜみんな芸術創造館なのか。それでいいのか芸術創造館。おれはいつだって、壁のグレーの点々が気になっているし、2Fの練習室のジトッとしたあの匂いが苦手。

それからあれ。コラボって言葉最近よくみかけるようになったけど、劇団と劇団や芝居と芝居をくっつけただけのやつはコラボとは言わないからな!