建物が低いわけ。

建物が低いわけ。

西本さんとこで美術の積み込み。一緒に作業をしてるとなんか会話が楽しくなってくる。たまに無茶苦茶な積み方するから笑いが止まらんようになる。

この空がお気に入り。ほんで明日はいよいよ小屋入り。なんかいろいろ間に合ってなくて「おれがもう一人いれば!」とか「あと一週間あれば!』みたいなたられば話はしない。今のこの状況を生み出すためにどれだけの人たちが頑張ってくれたのか。ちゃんと小屋入りする前に記しておこう。なんちゅうの。

まずは青島青子の時にサポートメンバー募集をかけて我こそは!と名乗りを上げてくれた三人。

●しだっちこと、石田裕子ちゃん。役者としての魅力も抜群なのに、気も効いてて、なんでもオールマイティーにこなしてくれる美人さん。今回も参加してくれてありがとう。

●いぶちゃんこと、飯伏裕理ちゃん。小道具の達人で、青島青子のヘリコプターという超難しい小道具を一緒に作ってくれた彼女。設計図は脳内で互いに共有している状態。ありがとう。

●小林夢祈くん。(別にあだ名がない)彼の参加は最初は断るつもりだったのだけど、年齢的な問題で。圧倒的な熱量にやられて参加してもらって唯一無二のサポートメンバーに。いつか一緒に舞台に立とうぜ。今からひっくり返すも背負った若き未来の光ぜよ。

今回から参加の協力サポート!

●なごちゃんこと、奈古あゆ未さん。劇中で出てくる小道具をいぶちゃんとはまた違った感覚でアプローチしてくれる職人気質の彼女。笑顔で現場も明るくしてくれる!

●さえちゃんこと、稲田紗恵ちゃん。アバンギャルドな格好で目を引く彼女もまたダンサーリハにも顔を出してくれたり、あっちこっちと飛び回ってくれた。欠かせない力。ありがとう!

舞台に立つには、準備も必要で。資金も必要で。その現実的な問題とは表裏一体なのに、劇作に夢中になってるおれたちの使うあれやこれやを、心を込めて作ってくれたみんな。稽古中も代役や買出しや、宣伝にまで飛び回ってくれて、彼女たちが出演するわけではないのに、こんなにも頑張ってくれて。もしもこの5人がいなかったら、今小道具ゼロですからね!

自分でやろうと思っていたことを率先してやってくれたおかげで、しっかり休めているし、ちゃんと劇作に夢中になれている。彼女たちが陰で支えてくれている事を、舞台を通してお伝えできれば幸いです。

小屋に入る。まだまだよくするために今日はたくさんの準備をした。努力は裏切らないとも思う。片岡自動車工業はこれまでに2回しか公演を打っていません。この2年で。そして今回二本同時に新作を打ちます。

もう愛と悪意の塊みたいな二本ですわ。怒られるかも?

そんなんは後になってからや。でもなんとなく、なんとなく思う。殺陣にももっともっと深みがあってもいいんちゃうか。演劇表現って、もっとほんのささやかな事でもいいんじゃないかって。なんやったら結論なくてもええんやないかって。

ちゃんと届けれる作品になってます。こんなことするやつが、おるんや。って覚えてください。じゃあ、HEP HALLさん、どうぞよろしく!ただいまー!

たくさんみにきてくださいいいい!

空が広くて素敵なのは、空だけじゃなくてその町の建物の低さのせいもあった。建物すべてが高くない。ビルなんてもってのほか。西本さん曰く、近くの空港の影響で建物すべてに高さ制限があるとの事で。聞けばなるほどだし当たり前の事なんだけど、なんでやろ、そんなところの理由にまで考えが及んでないのは、見えてないものを見えてないままなんとなく捉えすぎてるからやな。

こんな町の話を作ってみたい。「ぺったんこ町の煙突掃除」とかいうタイトルで。戯言でした。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする