今日は一瞬の出来事。

今日は一瞬の出来事。

こんばんわ。毎日更新、片岡自動車工業BLOGです。

ダンスリハでした。全員集合。植田さんの衣装を持ち寄ってくれているので、振りに制限のある等のトラブルシューティングがすでにダンサーズの中でなされていて頼もしい。初めて出演してくれる柏谷翔子ちゃんはすごくニュートラルな人で、ふわふわしてんのかなーと思ったら次の瞬間にはググッと集中モードに切り替わったりしていて、ハッとさせられる。いいメンバーです。

今日は田中美聡ちゃんによる「お局ちゃん御用心!」の大詰ナンバーだった。このナンバーが終わってからはもう終演までずっと舞台上の彼女たちの担う役どころはとても重要で、それこそ、芝居の中にダンスシーンがあって、それを役者ではなくダンサーズが踊る事の意味合いでもあるんだけど、芝居色に染まってもらう大事な時間。ダンスだけしたかったらダンス公演でいいわけですし。自分なりでいいのでコラボレーションはしていたい。

そういえば柏谷翔子ちゃんの話ではないけど、ググッと集中モードは自分はどうなんだ。と立ち返った一日でした。人の目には自分はどのように映っているのだろう。好調なのか不調なのか、機嫌が良いのか不機嫌なのか。あんまり考えなくてもいい事かもしれないので頭の隅っこのほうでちょっとだけ考えるけど、どうであれなにごとにも理由はある。理不尽という言葉からはどんどん離れて行っている気がする。

満月動物園さんの「レクイエム」を観劇した時の諏訪ちゃんのアクトが本当に素晴らしくて、芝居もさることながら、身体能力を通しての発声ではない表現力に胸を打たれた片岡は、わりと早い段階で彼女にオファーをしたのだけど。彼女に要求している事が、たぶんそこらへんのゲストさんへの要求以上のものであることに、あんまり違和感を感じないのは、実は彼女がおれと同じ年だからだ!

なんでもできる1978年生まれになろう!

鈴木洋平や上原日呂や近藤ヒデシや谷屋俊輔、かのうとおっさんやもそうで、(他にももっといる)本当に濃い人だらけだし、たぶんこの世代はややこしい奴だらけなんだけども、癖なんてないよりあったほうがいいに決まってるし、歪な人柄のほうが魅力的ですよね。変なのばっかで、わりと脇役名人が多い世代。覚えといてください。諏訪ちゃんとおれが同じ年だと言うことを。

今日は関ヶ原稽古でした。気がつけば22時でした。明日は「お局ちゃん」やって前回書いたけど、実は「関ヶ原」でした。明日こそ「お局ちゃん」!

チケットご予約たくさんいただいております!ありがとうございます!だけどもまだまだいけます。HEP HALLでロングラン。「おもしろそう!」を言いふらしてくれたら片岡は、泣きも飛び上がりもしないけど、とても歓びます。