関ヶ原のターン。

関ヶ原のターン。

日記の番号を打っていこうと思ったけど、もう二回目の立ち稽古から数える自信がなくなったので辞めにしました。こんばんわ、片岡です。

本日は「関ヶ原の見物人」のロング稽古。昼から夜まで。夜に中之島春の文化祭のリハがあるというのに稽古にきてくれた森崎さん。ものすごい情報量を処理して嵐のように去っていった。コンテンポラリーダンサーの梅村くんとの衝撃的なシーンが立ち上がった。

夜はよっしー、山浦さん、蟷螂さんが参加で、70分中の35分以上の立ち稽古と段取りを追えた。ここからの折り返しがまたすごいけど驚愕的なのはまだ立ち稽古が二回目という速度だ。オープニングから結束力が試されるし、なんだったら役者としての負荷も自分にもかなりかけているので形だけでもだだだっと走りきらなきゃたぶん、自分が目指しているクオリティまで上げることはできないだろう。自分の打つ公演で自分が出ているせいで、自分自身が弱点になるなんてごめんだ!

生粋のプレイヤー気質の、飯嶋くん、よっしー、梅村くんが体を張ってくれるのだけど、吸収力がすごい。そして、演出面での視野も持っている蟷螂さん、山浦さん、日呂さんの多面的なプレイがまた助けてくれている。

出演者だけでなく、今日は、林檎さん、真壁、そしてサポートチームのさえちゃんが来てくれて代役をやってくれた。めちゃめちゃ助かります。なかなか必死で労いきれてなくてごめんなさいっていうのは簡単だけど、この芝居絶対おもしろくしたんねん!欲がむくむく湧き上がってきて、まぁ本当に傑作の予感がするんだけど、この公演に関わったことを誇りに思ってもらえるように頑張るのみだ。

連続ロング稽古はまだ続く。明日は「お局ちゃん御用心!」のロング稽古。こっちは演出席からしっかり見れるので、バリバリに女優さんたちに暴れてもらいたい!

チケットはまだまだ余ってます!といってもまだ先行発売中なだけですけど。過去最高動員を叩き出さなければダメな感じ。毎回それくらい派手な事やってこそじゃないすか。10年やった劇団の経験は活かすけど、振り返るのはもうここで終わり。

甘えたやつ、芝居と関係ないところでゴチャゴチャするやつは全て縁を切った。それはとても勇気のいる事だったけど、支えあいたいから演劇してるんじゃなくて、演劇がしたいから支えるときもあるのがおれだからね。だから悪いとは思っていても謝罪はしない。演劇最優先なんだから。友達作りなら他でやる。お客さんにたのしんでもらえることに全霊を注ぐ。

とにかく今回の公演は芝居関係者は全員観に来て欲しい。で思いっきり怒ったりでもしてほしい。文句言いたいひとは是非見に来てください。受けて立つから。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする