稽古日記-序章-

稽古日記-序章-

片岡です。片岡自動車工業恒例の創作中の稽古場レポートがいよいよ5月から本格始動。
今回は初の二本立て、両方新作。

脚本:おれ
演出:おれ
出演:おれ
宣伝美術:おれ
イラスト:おれ
選曲/編集:おれ

いよいよもってクレイジーな奴になってきた感がしてきた我ながら。まぁ、出来ることは全部やる。思いついたことも全部する。行動するのに躊躇はしない。そのための2年間だったからね。というわけで今回は二本別々で稽古が進行するので、アイキャッチ画像を2パターン作成しました。

【関ヶ原の見物人】はこれ。

【お局ちゃん御用心!】はこれ。

演劇パスとかこりっち用の画像もケリがついた。稽古に向けて意識を高めつつ、冷静に情熱的に4月の残りを過ごそうと思う。

まだまだ未発表ですが今回の公演でも色々お楽しみ企画が盛りだくさん。作っている時、悩んだり迷ったりしたときに、道標にすべきなのは「自分が見たくなるコンテンツ作り」だ。作り手がワクワクしてねぇで誰が観に来てくれるってんだってね。才能がねぇやつが諦めよくて何が残るんだってね。

だから今回の座組はこれまでとは一新している。今回の出演者陣は個人的に考えてもものすごい座組みだ。男女ともに恐ろしいまでにハマっている。

戒田さん。すまねぇ。
どうも片岡は、性格を丸いままで居る事が出来なさそうだ。優しくはあるけど自分はもっとしごこうと思っている。で足を引っ張りそうな人がいないというのが今回の最大の長所だから大丈夫だとは思うけど、問題は他の業務も抱えている自分が、みんなに匹敵出来るかどうか。

最大のライバルはいつも自分だな!

台本は大事に書いた。詰めれるものは詰め込んだ。稽古でも詰めていく。爆発は6月。過去最高動員を、安直に目指したい。助けてくれる人もたくさんいるけれど、おれは孤独じゃなくて孤高を目指そう。

あと、まぁこれはここでこっそり記載しておくけど、今回の二本は、自分が知る範囲で、関西で展開されている演劇界が失いつつあるものを両手いっぱいに抱えている。おしつけがましい物言いになるかもしれないけど、演劇ってもっとおもろいねん。ひっくり返るで。

おれは今からひっくり返ります。