「心」稽古開始。

「心」稽古開始。

どうも片岡です。日記もぼちぼちと書いていきます。

夏に生駒ナイヤビンギで上演する「心」の稽古を朝から長岡京で。豪華な豪華な代役にお越しいただきましてですね。ええ、TAKE IT EASY!の中村真利亜嬢です。

劇団時代から、外部でも劇団の公演でもたくさん共演してきた真利亜さん。髪の毛が短くなって美しくなっておられました。「心」は榮田佳子さんとおれで上演する二人芝居です。脚本と演出に坂本見花さん。でも榮田さんは遠い大地(福岡か札幌)におられるため、稽古は限られている。演出と自分と、そして榮田さんの代役として登場してくれたのが真利亜さんというわけです。読み通しを行いました。芯を喰らってるのに、遊びをあちこちに振ってくれるし、呼応もしてくれる柔軟かつ繊細な女優さんで、身も引き締まる思い。たくさんの収穫がありました。10年以上も前から稽古着に使っている真っ赤なカンフー着に着替えて。

稽古終わりに長岡天満宮さんでお参りと散策。突き刺さるような赤とプラモデルでも再現できないような緑でいっぱいでしたわ。

ところで片岡自動車工業の件に関して。
舞台美術打ちあわせを行いました。打ち合わせから核心に迫る勢いの西本さん。真壁ちゃんと演出助手の小山くんも一緒で、おれの口からはじめて全貌を明らかにしました。

「関ヶ原の見物人」は第一稿は完本していて現在は「お局ちゃん御用心!」の執筆。
「関ヶ原の見物人」は、狙いがうまく伝わるかどうかわからないけど、とても稽古が必要な作品だ。演出をセンターに立ちながら出来るのか、力量が試される。やってやれねぇことはねえ! 他をディスってもしょうがないけど、最近はついぞ見なくなった演劇になると思う。おれはこういうのが好きやで、っていうのを詰め込んだし、頑張ろう!って気持ちになってもらえるように願いも込めた。どう思ってもらっても構わないけど、わりと難産であった「関ヶ原の見物人」は、これまで自分で書いたどの作品よりもハートフルで男の血が騒ぐ演目。対極的な「お局ちゃん御用心!」の執筆にも力が入る。わりとはじめてかもしれない。無音のまま、静かな環境下で書いたのは。演出助手の小山くんにも「おもしろい」と言ってもらえて、脚本のおもしろさはそこそこに伝わったようだ。

もちろん自分が主役だ。テーマを担っているわけですし。でも出演いただく全員にフォーカスがちゃんと当たった良いバランスになっているはずだ!顔合わせで読んで、思い通りではなくて、ちょっと落ち込んで、改定して、ホンちゃんの稽古の開始に合わせる道筋がなんとなく見えた。

「関ヶ原の見物人」は、自分以外に出演していただく方々、普段から演出もされる先輩もたくさんお呼びした。山浦さん、蟷螂さん、森崎さんはもちろん、上原くんも。究極「片岡作品」にはするのだけど、たくさん力をお借りしたいなと思っている。片岡百萬両の演出作品にご期待していただいているお客様は「お局ちゃん御用心!」を観てもらえるとご期待に添えるかも。

いろいろ動き出した。夏に向かって一直線だ。
フライヤーも明日完成。あちこちに届けるのも、おれの仕事。なんでもやる。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする