外は春の嵐。

外は春の嵐。

こんばんわ。片岡です。1月2月そして3月が過ぎ去ろうとしている。アッと言う間だ。

昨年末、未知の芝居が心に届くように日帰りで鳥取砂丘に行った。オファーや準備や交渉、それから体づくりでもう気がついたら窓ガラスの外は春の嵐。数々の出会いと別れが訪れる冬だ。ながらく患っていた体とも向き合う事が出来てきてはじめての春。眠くなる。そんな久しぶりの感覚に抗いながら過ごす日々。

天気がいいから気分を変えに外に出たら気持ちが良くて、足も伸ばして桜の綺麗な高地まで。咲いた花びらも美しいけど、樹齢を感じさせる木の肌ツヤやコケに着眼してしまう。木が生きてないと花は咲かない。おれという木は一度枯れているけれど、まだ死ぬには早すぎる。とぅーやんぐとぅーだい!

作品に関してはまだまだ未発表な事も多いけど楽しんでもらえるジェットコースターのような芝居を作るためにパソコンと向き合ってお互いにヒートアップ。賑やかにやっている。ところで「忙しい」を言い訳にしないように過ごすようにバンバン予定を詰めているんだけれども、遊ぶのももちろん全力で。

何年振りかにアスレチックに行ってきた。ムーンビームマシンで共演した磯渕君と玉井ちゃんと三人で。打ち上げで「外に出ェ!」って言ったからには連れて行かねば。別に先輩ヅラするつもりはないけど、関わりってそういうもんでしょ。思い立ったらもうGOじゃないすか。片岡はもうおっさんと呼ばれる歳だけど、遊ぶ時は童心に戻って若者よりはしゃごう。ちなみに80点満点の六甲山フィールドアスレチック、チャンピオンコース、満点でクリア。まだまだいける。

仕事終わりに居酒屋でくだを巻きながらビールと軟骨唐揚げを注文する大人になんてなりたくねぇもんな!

9ヶ月ラーメンを食べていないわけだけど、次に食べるラーメンはジャンクストーリーって決めてる。