どないやねんタイトル。

どないやねんタイトル。

先日の丹下真寿美ちゃんの公演の当日パンフレットでは

片岡自動車工業vol.3「悲しかった福ちゃん(仮)」という情報を掲載させていただきまして。今にも始まる満月動物園さんの公演ではまた仮タイトルが変わります。いや、フザけているわけでも、迷っているわけでもないのです。

今回の片岡自動車工業の公演はですね。宣伝の仕方がこれまでと大きく変わる予定です。演出部ができましたから。一人じゃないんですよ。4人いる。それもおいおいお知らせしますけれども、公演の内容が実にトリッキーなせいもあって、短期集中というか、別の試み。やっぱね。やってる限りはね新しい可能性があるなら挑戦すべきですよね。時代もどんどん変わるし。

宣伝期間やチケット発売中の期間の概念も徐々に進化なのか退化なのかはわからないけど変化しつつあるわけで。面白いなぁ、お客さん入ってるなぁって思ったら真似たくなるし、逆もしかり。

でもね。
本音を言うとね。二番煎じではダメなんじゃないかなって思ったりもするわけです。なんか最近多いじゃないですか。本番まで何日とか。やり始めた時はセンセーショナルで、あっちこっちでもやりはじめて、そのうちもうそれが当たり前になっちゃって今、みたいな。

PVだってそうさ。それまでは役者がチラシ持ってダラダラ喋ってて、でもそれが良くって、そのうちそれじゃだめだって気づき始めてさ。なんでも簡単に作れちゃうから、格好ばっかりついちゃうんですよ。最近じゃPVのメイキングなんてものが出始めたよ。PVのメイキング。芝居の為のPVのメイキング。お前らはなにがしたいねん。と。閲覧回数もそうですね。自分たちで回転させまくってるのとかみるとさ、お客もそこまでバカじゃないよって思う。まぁ、とにかくめまぐるしい宣伝合戦。せわしない。デリカシーも気品も損なってきた。なんでもスマホでできちゃうから。

でもなぁ。
デザインはちゃんと宣伝の目的の為にあるって思ってる。
デザインするだけして宣伝には力入れてないとか、PV作ってるけど本番のと全然イメージ違うとか、そんなのばっか。見栄はったり、目立とうとする意識は大事なんだけどね。

なんでも付け焼刃じゃだめって事ですよね。意味ないと。意味を理解しないと。って片岡さん思うわけですよ。

だから。
一回戻るべきだとも思う。宣伝がちゃんと宣伝のままで、手売りがしっかり手売りとして役者が走り回ってたあの時代のあの努力は、舞台に繋がってたもん。とツイート数もいいね数も、フォロワーも大事な時代だけどさ。芝居の面白みってもっと身近にあって、暖かいものだと思うんです。少なくとも自分は、刷り上がりたてのあのまだ印刷機のインクの香りと新品の紙の香りが混じったあの出来立てほやほやのフライヤーの束のあのインパクトと暖かさは失いたくないと思ってる。

今日は雨。
ちょっとだけ遠出をします。買い出しも兼ねて。大事なものを増やす為に出かけてくる。皆さんもよい1日を。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする