ここには何があったんだろう。

ここには何があったんだろう。

いつも通る道から見える景色に違和感があってじっくり眺めてみたら、こんな景色になっていた。

でっかいさら地。

町は姿も形も変わっていくけど、いつさら地になったのか、さら地になる前は、一体なにがあったのかすら思い出せなくて参った。ここには何があったんだろう。

2017年の年の瀬は、四方八方へ畳み掛けるような形で、いろんな人とお会いしています。活動範囲も広まった。ランニングはずっと続けている。下半期は体力作りに専念できた。動くぞぉ。

活動範囲が広がったのと、自分自身がアクティブになったこともあって、行きたいところが増えた。あちこちに行って回ろう。まずはずっとずっと足を運べていなかった山口県にいこう。一人旅にも慣れてきた。いく先々で出会う人、見える景色、気温や匂い、その全部がノーフィルターで飛び込んできて、世界がぶわっと広がる。

今年は、名古屋、北海道、沖縄、香川県、京都、東京、横浜、岐阜県、あちこちに行って色んな景色や芝居を見た。旅好きってわけでもないけれど、いけば素敵な事がたくさん待っていた。こんな風にして、もっともっとまだ行っていないところを近いところでも遠いところでも海の向こうでも、どんどん進んでいきたい。

で、たぶん尼崎に戻ってきて、またこんな風景を目にして、思い出せなくなったりもするんだろうなと思います。そんなことも含めて、わりと前進には痛みも伴うかもしれないけど、もう足は前に出てるから、振り返ったりするのはなしにしよう。

壱劇屋の5カ月連続の公演が大盛況で終わったそうで。かっこいいね。新しいことにチャレンジしている劇団はやっぱそれだけで応援したくなります。駆け抜けた分、疲れちゃったかもしれないけど、ちょっと休んでまた来年も暴れてほしいですね。本当にお疲れ様でした。

出来ることのほんのすこし上でも、楽しんでチャレンジするスピリッツで。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする